ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『プロデューサーズ』クローズ遂に決定!4月22日までとなりました(?_?)。

ニューヨーク マンハッタン 2/23(金)

今日は最低気温マイナス8℃、最高気温マイナス1℃の予報。
寒い冬がまたぶりかえしておりまするぅ。

さて、寒い冬に。。。ブロードウェイの厳しい現実もまたひとつ。
映画『プロデューサーズ』で日本でも知られたブロードウェイ・ミュージカルの『プロデューサーズ』が遂にクローズを決定いたしました。
2001年のトニー賞で12部門受賞という偉業を成し遂げた『プロデューサーズ』。ネイサン・レインとマシュー・ブローデリック(サラジェシカ・パーカーのご主人)というオリジナル・キャストで大当たりし、映画版もこの二人で好演されたわけですが、今年は2007年…『プロデューサーズ』は結局、33回のプレビュー(お試し公演といいますか、正式オープンの前に行われる公演)と2,502回のレギュラー公演となりました。もちろんロングランでございます。今年に入ってキャストも人気のトニー・ダンザも期間限定で行うなどの努力もむなしく、チケットの売り上げは伸び悩んだまま…実は既に昨年からずっといつクローズになってもおかしくない作品となっておりました。。。寂しい事ですが…。
既に次の作品である『ヤング・フランケンシュタイン』が決定しており、しかもいきなり入ってきてびっくり!どんなミュージカルなんでしょうねぇ。

でも、7月の『グリース』が今のところ一番の楽しみ。
秋に入ってくる、『リトル・マーメイド』も…。
いつになったら引き上げられることやら(^_^;。

というわけで、厳しい現実と戦うブロードウェイは今日も公演がございます。雨にも負けず、風にも負けず…テロにも屈しないブロードウェイ。
人生もそうありたいものですぅ。
ではでは。

ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

『美女と野獣』クローズ!かわりに『ザ・リトル・マーメイド』が!

ニューヨーク マンハッタン 1/20(土)朝ですぅ。

昨夜は0℃。現在はマイナス2℃…寒くなりましたですぅ。
これから一ヶ月の間は手袋、マフラー、耳あてという万全な冬対策をしないとですねぇ。最近ニューヨークでは突然の腹痛に嘔吐がやってくる風邪が流行しているとの事。皆様お気をつけくださいませぇ。

さてさて、久々のブロードウェイ情報でございますぅ。
『メリー・ポピンズ』がオープンしてディズニー作品は
『美女と野獣』、『ライオン・キング』、『ターザン』、『メリー・ポピンズ』の4作品でブロードウェイをいつの日かのっとるのでは?という勢いだと思っていたら、お次は『ザ・リトル・マーメイド』がこの秋オープンの情報がありひょえー遂に5作品になるの?と…。

そしたら、突然の発表が…。

『美女と野獣』クローズ!

ほんまかいな!ラントフォンテーン劇場で1994年4月18日(月)にパレス劇場にてオープンし、現在まで大人から子どもまで多くの人々に楽しんでいただいた作品。1999年11月12日にパレス劇場から現在のラントフォンテーン劇場に移動し、現在に至っておりますです。

で、いつクローズなの?って?

おっと肝心なことをお知らせしていませんでした。

2007年7月29日この夏クローズになります。で、『ザ・リトル・マーメイド』がプレヴュー11月3日、オープニングナイト12月6日に予定されております。(ラントフォンテーン劇場)
いやぁ〜驚きましたね。

この『美女と野獣』は日本では劇団四季の公演が行われておりますので、日本でも日本版でご覧になられている方も多いかと存知ますぅ。
もともと、原作の『美女と野獣』からアニメ版になる際に大きく異なったのはお城の使用人達全員にビーストにかけた呪いと同じものをかけたところ。舞台版ではそれぞれのキャラが劇場内を暖かいムードにしてくれます。

最後のビーストから王子様に代わる瞬間芸は、ジャニーズもびっくり?(しないか…(^^;)???ただし、役者によってはビーストと大きな変化を感じない?人も…ここだけの話…。

ブロードウェイではエイズで死去されておられる方々が多いのですが、『美女と野獣』も作詞家のハワード・アッシュマンが1991年3月14日になくなられておられます。トニー賞では9部門にノミネートされたものの、最優秀衣装デザイン賞のみの受賞となり、なかなかディズニー作品をブロードウェイで認めていただけなかったということがございましたです。

さて、これからニューヨークにお越しの方々、ニューヨークにお住まいの方々、もし機会がございましたら7月までに是非御覧下さいませ。
本場の『美女と野獣』をご覧になれるのはあと半年でございますぅ。

『メリー・ポピンズ』がディズニー作品の色が少々薄かったので(個人的な意見)、『ザ・リトル・マーメイド』には期待しておりまする。
やっぱり、人間だけの世界でないほうがディズニーらしい作品になるかも?
というわけで、5作品が並ぶということはございませんでした…。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(6) | trackbacks(9)

「硫黄島からの手紙」を観てきました。。。。

ニューヨーク マンハッタン 1/18(木)

いやぁ〜寒波寒波!寒いですぅ。ブルブル。。。

一昨日、一昨昨日ゴールデン・グローブ賞でLetters From Iwo Jima(硫黄島からの手紙)が外国語映画賞を受賞し、未だ観ていなかった映画(忙しかったのよね…って言い訳?しゅみません…)を観てまいりました。


渡辺謙さんの存在感たるや素晴らしいですねぇ。緊迫感のある時間の中に暖かさを感じさせてくださるあの包容力。
パン屋の二宮君の素朴な演技、伊原さんの真面目で真摯な感じも素晴らしかったです。

いっぱいいっぱいの生活をしている現在のワタクピが感じたのは…。

我々は幸せであるということ。。。
お国の為よりも、自分の為に頑張れる事。
死ぬ為に生きるのではなく、生きてこその時間があるのだということ。

そう思えば、今の自分がどんな環境であろうとも、自分の為に頑張れる私たちは幸せな時代に生きているのだと思います。
遠く離れた家族でも会おうと思えば会えるのですもの。頑張れば応援してくれる人たちがいるんですもの。先が見えないトンネルでもいつか出口は見えてくるんですよね^^。

渡辺謙さんのあの雰囲気はアメリカ人に通じるものがあるのでしょうね。
ご病気を乗り越えてのご活躍。日本人として誇りに思います。
ただ、、、残念ながら映画館の中がガラガラだったのが悲しい…。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(7) | trackbacks(9)

ゴールデン・グローブ賞昨夜決定!なんと!渡辺謙sama



1943年から始まったHollywood Foreign Press Association(ハリウッド外国映画記者協会)に所属するメンバーによる投票の末選ばれる映画賞のThe 64th Annual Golden Globe Awards(第64回ゴールデン・グローブ賞授賞式)
が昨夜行われましたですぅ。

なんと申しましても、TVのこちら側に居た日本人が大拍手を送ったのが、Letters From Iwo Jima(硫黄島からの手紙)が外国語映画賞を受賞^^。
ご存知渡辺謙(Ken Watanabe)が主演ということで、大拍手拍手
イーストウッド監督が壇上から渡辺謙さんにも感謝の意を述べられ、会場に居た渡辺謙さんもご機嫌ちゃんの映像が流れ、ジーンとしてしまいました。

世界の三船を超えましたね^^。

第二次世界大戦の中でも激戦の地であった硫黄島での戦いを2部作として作り上げたイーストウッド監督の第二弾作品でございます。今回の2作目は硫黄島で戦う日本人兵士達がご家族に送られたお手紙を中心に、渡辺謙さんが日本側から見た硫黄島での戦いを演じ描いて感動を呼ぶ…。。。
1作目はアメリカ側から見た硫黄島の戦い。Flag of Our Fathers(父親たちの星条旗)でございました。

で、これだけではありませぬ。なんと!昨年観た感動の『ドリーム・ガールズ』がミュージカル・オア・コメディー賞を受賞。
嬉しいねったら嬉しいねぇ〜。

さて、ニューヨークでちっちゃな一生懸命ではございますが、今日もがんばりまぁす!。。。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

『ザ・コースト・オブ・ユートピア』の脚本家トム・ストッパードを迎え行われた2007年ドラマデスク賞の新年イベント

ニューヨーク マンハッタン 1/14(日)

先日1月8日に行って参りましたレストラン
<「Tony's Di Napoli」この日は普通にお食事というわけではなく、ニューヨークの批評家協会のドラマ・デスクという集まりに行って参りましたですぅ。KIYOねえブログには何度か登場しているこのドラマ・デスクですが、投票メンバーが約130名おり、現在日本人は4名。毎年5月にドラマデスク賞が行われ、優れた作品、俳優、スタッフに賞が与えられ、一般的によく知られているのがトニー賞ですが、トニー賞は組合の賞(映画で言うところのアカデミー賞)、ドラマデスク賞はジャーナリストによって選出される(映画で言うところのゴールデン・グローブ賞)賞なのであります。なので、私が思うにはドラマデスク賞のほうがシビアな気がしていますが、まぁこればっかりは芸能界でいろいろな賞を見てまいりましたので力関係もあるのか、はたまた純粋に投票のみで選ばれているのか…、後者を希望しておりまする…。。。
もちろん、私はメンバーではございません。当たり前ですが…。

ではでは、当日のイベントの前のお食事からごあんなぁい!

場所は、劇場街とタイムズ・スクエアのすぐ近くの43丁目の6番街とブロードウェイの間にあるイタリアン・レストラン「Tony's Di Napoli」の地下でございますぅ。もちろんメンバーの方の同伴者ということでなければ、メンバー以外は入れませんです。


まずはサラダに前菜。。。このサラミが美味しくて…

「美味でございますぅ〜」 (大奥風に…)


続いて、トマト風味のクリームソースのペンネと牛のカツレツにおもいっきりトマトソースとチーズ…。おいしいんだけどね、なんでこんなにソースが!というほどソースづけになっておりまするぅ。アメリカ人が好きそうな感じ。アメリカ人の方々は御寿司を召し上がられる時、むらさき(お醤油)をべちゃべちゃつけます…日本人にはあり得ない…あれじゃお醤油づけご飯になってしまって味がわかるのだろうか?というほど。。。
というわけで、ソースたっぷりこってりが大好きなアメリカ人の方々向けかも?ついでもに申し上げますと…緑茶にお砂糖入れてしまう方々でございます…私の辞書にはありません…。ニューヨークに来てからの???でした。


さて、続きまして、アメリカ人のだぁいすきなチキンちゃん。
これはあげてある上にレモン風味の案外さっぱりしたソースがやはり…べちゃべちゃ…でも、これはありですね。。。
かなぁり人気がございました。


他にもブロッコリーとニンニクのペンネなどもございましたですぅ。
もちろんこちらはパーティー仕様でございますが、普通に食べに行く時の注意点は…。1皿がアメリカ人のお腹の2〜3人前だということをお忘れなく!
お一人様で行くと大変なことになるお店ですぅ。
気になる方はこちらをクリック!(以前KIYOねえが食べに行った時のログ)

さてさて、デザートも出てきまして、お食事のほうも終わりとなり、続いてご登場は…、、、あっそこの貴方様!ゆっくりおしょくじしている場合じゃありませんからぁ〜って???はて、この方は?


左の写真はドラマデスク賞のプレジデントのウイリアム・ウルフ氏でございます。そして、お隣は…さきほどの…。

トム・ストッパード氏

トム・ストッパード氏は現在リンカーン・センター内のヴィヴィアン・ボーモント・シアターで公演中の三部作劇『ザ・コースト・オブ・ユートピア』の脚本家。トム・ストッパード氏からさまざまな話を聞きだそうという主旨なのでありました。

彼は、チェコスロヴァキア出身。そのせいか少々くらぁい感じも受けますが、笑うと優しい笑顔の方でございますぅ。
現在までに数多くの舞台作品を手がけ、映画シェークスピア・イン・ラヴの脚本もということで世界的に認知されている脚本家なのでありますぅ。
実は現在パート1とパート2の公演が行われています。が、パート3に関しては
2月18日にオープンを予定おりまするぅ。

でも、お芝居である上に一作品が3時間と長丁場。ちょいと観劇するには厳しいものがございますぅ。お芝居は流石に英語を理解するのが大変。
内容にも寄りますが…。専門用語が連発だと特に???でございます。

ドラマデスク賞のメンバーの方にお伺いしましたが…。。。
作品はとても素晴らしいけれど、観るのは疲れると(アメリカ人メンバー)…やはり…。

皆様にお薦めというわけではございませんが、こういった会合や、こういった作品をジャーナリストにお話しする機会に列席させて頂いただけでも感謝でございますです。貴重な経験をありがとうございました。

で、昨夜はワタクピなんと!

シャブシャブを!しかも松坂牛!を!たべましたぁ!
このご報告はまた後ほど。ではでは、この辺で…。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m