ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 雨上がりの日曜日に思うこと | main | 巨人阪神戦の熱いGW >>

ハワイの教え「ホオポノポノ」

5月5日(月)こどもの日

今までロミロミのセラピーをはじめましたということは書いてきたものの、そんではロミロミとはなんぞや?と思われておられる方々も多いかと思います。今日はハワイのロミロミを含む癒し文化の原点でもあります、ホオポノポノのお話を少し…。

古代ハワイアン方々は家族で問題があると、家長が全員を呼び出し話し合いをしたそうです。
そこで話し合われるのが、今起きている事実を確認し、その事実についてそれぞれの思いを口にします。すると、言われて凹んだ事、言ってしまって凹んだ事、自分では気がつかないうちに人を傷つけていた事、怒り、憎しみ、妬み…などいろいろな思いがその場にあふれだします。

その時、ホオポノポノするわけです。

「人を許し、自分を許し、そして…元の状態に戻す」

この精神の元に家族の中に感謝の気持ちが思い出されます。
お互いの存在を大きな愛情を持って許しあう。

スーッと心が和らぎ、穏やかな笑顔に戻り、家族の思いはひとつに^^。
こうして古代ハワイアンの人々はオハナ(家族…血縁関係だけではありません。思いやりをもって接し合える愛情あふれる関係であればオハナ=家族なのでありますぅ。)として認め合い感謝の気持ちやいたわりの思いをもって接することができます。

簡単に文章にしてしまうとそんなこと?と思われるかもしれませんが、ハワイアンの方々の想いは本当に大きな大きな心。

日本にもその昔はこれに似た思いがあったように思います。
表現方法は異なりますが、ご近所の子どもたちに悪いことは悪いと言えた時代には、あったかい喜怒哀楽がそこに存在していたような…。

いろいろな考え方はあると思いますが、ホオポノポノはどんな人でもできる癒しの原点ではないでしょうか?

「人を許して自分も許す」というのは、ことわざの「罪を憎んで人を憎まず」に近いものがあるかもしれません。
もし、今怒りの心がある人は、、、ホオポノポノしませんか?

ロミロミを施すとき、このホオポノポノの心を持っていると実は…
ロミロミって
癒し癒されなんだってことを感じます。

心がスーッと軽くなる魔法の精神かと…^^。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
めざせ奇跡のセラピスト | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
本文に直接関係のないTBに関しましては申し訳ないのですが削除させて頂く場 合がございますのでご了承くださいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きますです。
http://blog1.kiyonee.com/trackback/731014
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m