ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 髪の毛がないって大変…。 | main | ハワイの教え「ホオポノポノ」 >>

雨上がりの日曜日に思うこと

5月4日(日)

雨上がりの日曜日。
今日はPCの前でにらめっこして御仕事する予定でした…(^_^;)
が…、

歌いたい病〜発症

ヤバヤバですぅ。
でもね、やりたいことがあるときやらないと後悔しちゃいます!
その為に昨夜はちょいと頑張りましたですぅ。

明日はロミロミのお客様がおられますので、昨日と今日はPCの前で…と思っておりましたが…。。。
御仕事は

どうにかなるじゃん!

責任はしっかり果たしますが、、、でも、今は

歌いたいぃ〜

しかし、新しい曲を覚えてないので、午前中に少しCD聞いたりなんかしてうたっちゃいますか…^^。
歌と言えば…相方のK子ちゃんと!
やっぱりさぁ〜気持ちいいんですよねー自分たちのハーモニーが。
一緒に歌っていて気持ちいい人というのはなかなか居ないのであります。
あうんの呼吸でね^^。

以前甥から借りたCDで、ipodに入れて昨日聞いてみたのが
幸田ちゃま&宇多田ちゃま
絢香の新曲の「お帰り」を覚えてみたいと思いつつ。

そういえば、先日レコード会社の重役の方とのお食事会の際に

「昔の音楽作りには夢があった。音楽を作っているという楽しさが…。今は今で楽しさはあるけれど、今はチョイスをして組み合わせをして音楽を作る感じ。」

と…。音は12しかないのでメロディーを作るときに似てしまうのは、これだけの楽曲がある現在は似てしまっても致し方ないでしょうし、組み合わせになっても仕方ないでしょう。。。
以前のようなアバウトな業界ではなくなっているので、著作権だとかなんだとかの訴訟も多くなっているようです。お医者さんにしても、以前は病院を訴えていた患者側も、今ではお医者様個人を訴える時代になったので、その為の保険に医師も個人で加入せざるをえない状況。それにはそうなっただけの社会の経験があるわけですが…。

そういったいろいろな環境も時代もどんどん変わってきていることを痛感致します。私達の時代は、この子をどうにかしてあげたいという強い思いがスタッフの中にあるとレコードorCDのリリースが可能になったりしていたこともあったわけですが、現在は売れるための売るための説明が数字や事実で必要になっております。これは音楽業界だけでなく社会全体ですが。

平和な時代に生きてきたことを感じますね。

最近では、後期高齢者医療にしても、75歳で扶養家族から外れ年金から保険料が差し引かれる…。。
あるお婆ちゃまは、わずかな国民年金から保険料が差し引かれ、今まで一日一丁のお豆腐が買えたんだけれど、おかずにまわすお金が減ってしまったので一丁買えなくなってしまったの…だから、一丁を買って半分にして二日にわけて食べてます。。と。
このお話しは実在するおばあちゃまです。スーパーでお買い物をするのにぐるぐるスーパーをずっと歩いてまわってやっと今日のおかずを決めたのがお豆腐一丁。。。
他に何も買えないというのですよ。たぶんこういったお年寄りに、ワタクピも含めて気づかない気づけない方々が沢山おられることでしょう。

どうにかならないのかな?
収入に応じた保険料の請求額にならないものでしょうか?


話がどんどん違う方向へ行ってしまいましたが…。

昨夜、「幸せのオーラ」←「オーラの泉」でした…を見てたら、あの天才小室哲哉さんが出ておられました。えっ?この人が?
とっても無邪気な可愛らしいお顔で笑っているんですよ。

私がお会いしたことがあるのは随分前ですが、最初の奥様と恋愛中のことです。
TMネットワークがまだ中野サンプラザでコンサートしている頃のこと。
彼は先生と呼ばれ、レコーディングの日程や全てが先生のご機嫌で決まる…つまり予定されていても先生が来なければできないから今日はなくなりましたぁとなるお話しを耳にしたとき、寂しい心の人なんだなぁ〜と思いました。奥様になられた元アイドルさんと会場の一番後ろからステージを見ていたのですが、突然

「ちょっと行ってくるね」と…。

???の私達はあとで何があったのかを聞くと

「彼は私が楽器を渡さないと弾かないのよねー」


へぇ〜???

あれから小室さんは神様のような扱いにどんどんなっていき、表情の無い人になっていったように思っておりましたが、昨夜番組内で、Keiko夫人との出逢いでご家族というぬくもりを知り、人との関わり方、家族とのあり方を学んだとおっしゃられてました。本当に素晴らしいキラキラした笑顔でお話しされておられるのを拝見し、人の表情は心があるかないかでこんなに変わるものだと知ってはいてもここまで違う人を拝見して実感致しました。

自分をわかってくれる人。。。。
最高のパートナーを見つけられたのでしょうね。
素敵な関係は人それぞれ異なると思いますが、彼は自分を理解してくれるパートナーが表れることにより、感じる心を思い出したようです。

政治家の方々も街中で感じる心を持って目も耳も傾けて頂けないものでしょうか?笑顔で老後を迎えられるような…。難しい時代だとは思いますが。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2008日記 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

先日、宮川泰先生を追悼した番組で、氏が生前「音楽は楽しくなければならない」と語っておられたことが報じられていました。
「恋のバカンス'87」が素敵なのは、先生の想いをお二人の歌声が伝えてくれるからなのでしょう。
SUGA-KUN | 2008/05/05 2:24 PM
SUGA-KUN様

そうですか…宮川先生とはNHKの番組で「歌謡パレード」という番組に出させていただき、先生が倉庫の荷物をひっくり返して見つけてきて下さったザ・ピーナツさんのステージ譜を探してきてくださり、その譜面でオーケストラの生演奏で生放送で歌わせていたいたことがございました。最初にザ・ピーナツさんのカバーでデビューしますとご挨拶に寄らせていただいたステージの楽屋(新宿シアターアプル)でも本当に暖かく迎えてくださり、やさしい笑顔で「がんばれ」とおっしゃって下さいました。音楽は音を楽しむと書きます。先生のおっしゃるとおり楽しくなければ音楽ではありませんよね^^。これからもどんな形でも音楽を楽しみながら生きていこうと思います。コメントありがとうございました。心が暖かくなりました^^。またコメントお待ちしておりますぅ。
KIYOねえ | 2008/05/05 8:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
本文に直接関係のないTBに関しましては申し訳ないのですが削除させて頂く場 合がございますのでご了承くださいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きますです。
http://blog1.kiyonee.com/trackback/730774
この記事に対するトラックバック
鬱に近い状態から小室さんを救ったのは、自身がプロデュースする音楽ユニット「globe」のボーカルで、妻のKCOさんだ。
小室哲哉 “記憶から消したい” | 話題の芸能ニュース | 2008/05/04 8:54 PM
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m