ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 酔っぱらっちゃったー!(^_^;) | main | 『寿司田』の今度こそお寿司(^_^;) >>

めちゃウマ感動のお寿司「寿司田」

4月14日(月)

一昨日はロミロミのゲストの方にご迷惑をおかけ致しました。
ご協力頂きまして本当にありがとうございました。おかげさまで昨日は少しは家族の役に立てたかと…。本日は両親と今後について話が出来、今まで母は祖母がいつ何があるかわからないから旅行には行かれないと泊まりのおでかけを断り続けてきたので、少し落ち着いた秋に旅行にでも行こうね^^と…。

さて、その為には私自身が前進あるのみ!でございますぅ。
一口にサロン開業と申しましても、ロミロミだけをしているわけにはいかないんですよね。。。会計関係もしっかりせねば!簿記3級(^^;)のワタクピとしてはいろんなことをただ今勉強中。顧客データの管理もしっかりせねばですし、やるべきことは沢山ありすぎ(^_^;)。
まだまだ、人を雇ってと言うわけにはいきませんので^^。
とあれこれ本を広げてはPCを前にあたふたしていた昨日でした。

さて、ニューヨークのめちゃうまのお寿司屋さんのご紹介をするのがすっかり遅くなりましたです。この一週間は思ったことをつづらせて頂いて参りました。。。が、よく言われるんですよぉ〜グルメねたの時はやけに力が入っていると…。美味しいもの大好きなんですねーって(^^ゞ。

というわけで、久しぶりのグルメネタを!
豪華お寿司の行列になりますが、こんな大盤ぶるまいなお寿司をワタクピが口に出来る身分ではないのですが、この日はニューヨークの親友と親友がお世話になっている方からのお招きで…凄いことになりました。。。
ニューヨークでお寿司っていうと案外怪しいお店が多いんですよん。
そんな中でも創作寿司でニューヨークNo1の「Sushi of Gari」、そして、本日ご案内させて頂きます「寿司田」は日本からの芸能関係者が多く、高級店ですが、やはり高級寿司というだけあって…。

って前置きはいいから早くしろ!って???
あいぃ〜しゅみません。。。



こちらが「寿司田」でございますぅ。



てっさ…もうね。。。ニューヨークでこんなものが食べられるとは思っておりませんでした…(^_^;)。




赤鯛、ひえ鯛、石鯛、アオナ、、、



寒ブリの大行列!!



あわび、ミル貝、赤貝、高級食材がずらーっと!



ちょいと箸休め…でござる。
小鰭ちゃん^^だったかと…。
薬味もたっぷりこんと…!



車海老、トロ、本マグロ…もうねー、美味しすぎて、、幸せ。



ふぐの皮だとか諸々が細かく刻まれてこれまた美味でございますぅ。



そして、牡蠣でございまして、こちらの種類は「クマモト」
ニューヨークでこんなに繊細な牡蠣が口に出来るお店は数少なく…。



アワビの蒸し焼き。。。柔らかぁい!

女性の身体も一緒ですぞ!柔らかさと歯応えを感じる芯の強さ。大切なのは自己主張ではなく、自分の志を持って、明日に向かって生きる勇気と元気。
また、一日が終わります。。。早。。(^_^;)

ではでは、続きはまた明日っつーことで。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2008NYグルメ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
本文に直接関係のないTBに関しましては申し訳ないのですが削除させて頂く場 合がございますのでご了承くださいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きますです。
http://blog1.kiyonee.com/trackback/725196
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m