ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 管理職…う〜ん。 | main | 「Wakiya」料理の鉄人脇屋友詞のニューヨーク店はうっとり…。 >>

夢が実現する夢

2月17日(日)

子供の時、空を平泳ぎで飛んでいる夢を見ました。

そんな話をすると…。

1,空を飛ぶ夢は、ある出来事から逃げたいと思っている心の表れ

2,空を飛ぶ夢は、心の中が充実して満たされている時

と言われてきました。。。
果たしてどっちが正解???
う〜ん。。。難しい。

でも、今の私の答えは明解!2番です。
もうねージェットコースターのような七転び八起きの人生のワタクピ。
泣いたり笑ったりが忙しすぎて、自分に自信が持てなくて中途半端な自分を嫌になりかけたこともしばしば。

最近またまた見るんです。。。空を飛ぶ夢。
身体は確かに疲れています。。。が、心の充実は大きいのですぅ。
で、先日バレンタインデーに異業種交流会が開かれ、大人の男女100名がそこには居ました。チョコレートが飛び交うというような趣旨のパーティーではなく、皆様既にビジネス展開を原宿中心にされておられる方々ばかり。
その中の半数は男性でした…。
口では出会いがあると良いなーなんて言っておりましたが、心の中は癒し関係のお仕事をしておられる方々のお話を聞きたいという欲望が!

思った通り、いわゆる恋愛対象の出会いはございませんでした。
が、チャクラを手に感じて絵に描けるという不思議な力を持った60代の男性とお話しが出来ました。。。
今の貴方は受け入れて出すという作業をするチャクラもその他のチャクラも今はバランスが良いです。。。珍しいくらいに…と。
(これはセラピストにとっては大切な事)

ふぇ〜。。。。
自分のエネルギーを感じて元気にいられる今、そのお話しを聞いて納得。
目に見えない世界は時として怖いときもございますが、自分のエネルギーをアップさせることの出来る言葉は有り難いですね。。。

夢が実現する夢がこれなのかなぁ?

自分を信じて歩いていきます。
今、頭の中にとってもひらめきがキラキラしています。
このひらめきが形になるといいなーと思いながら。
また、このひらめきが形になるときはご報告させて頂きますぅ。

さて、本日はお芝居を観劇してきます。
こういう情緒豊かにする時間は必要ですよね。
全てはバランス、働くことも余暇の時間を楽しむことも、健康も、

そして、

              美!

も…。
プリティレディになりたい貴方を応援出来るセラピストになりますぅ。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2008日記 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

kiyoねえさま、こんにちは
日記から日々の生活の充実と
言葉を大切にされているのが伝わって来て
こちらもわくわくしてきます♪

わたしも、夢について調べていた頃があって
空を飛ぶのは吉夢だったと記憶しています。

どんどん楽しい事を引き寄せてくださいね☆

unopanda | 2008/02/17 6:47 PM
unopanda様

こんにちはぁ!そうですか…吉夢ですか。。。よかったぁ。。
今後もあちこちぶつかりながらがんばりますぅ。
KIYOねえ | 2008/02/29 12:02 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
本文に直接関係のないTBに関しましては申し訳ないのですが削除させて頂く場 合がございますのでご了承くださいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きますです。
http://blog1.kiyonee.com/trackback/707357
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m