ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 野菜食べたい!スーパーにGo! ハワイの邸宅滞在3日め。 | main | 丘の上から見下ろすワイキキ&9月の花々 ハワイ滞在4日め >>

遂にナイアガラを肌で体感!夢にまで見たナイアガラの滝その7

9月12日(水)

さてさて、ハワイ滞在中ではございますが、
例の…ナイアガラの滝その7
遂にナイアガラの滝を肌で体感した感動の霧の乙女号のご報告でございますぅ。



いよいよナイアガラの滝に近づいてまいりましたですぅ。
こちらはアメリカ滝でございますぅ。



うひょー!めっちゃミストであふれ、マイナスイオンに飛び込んでいくワクワク感に心躍っておりましたですぅ。



ほらね、、余裕の笑顔???前方に見えるのがカナダ滝。
後方には虹がみえたりなんかして…。


と、ここまでは余裕のよっちゃん…(古)でございました…。



こちらがカナダ滝!
すごぉーい!迫力満点のカナダ滝のふもとに今近づいてまいりましたですぅ。…なんかすごすぎて一瞬時がとまり、綺麗すぎて氷河のような気さえいたしましたです。



ウッ、先ほどまではやはり嵐の前の静けさでした。。。

ゴォ〜!ボォ〜!グワァー!

まるで怪獣がものすごい音を立てて落ちてきたような衝撃。身体に感じる爆音に加えて、ものすごい水しぶき!

まるで台風です。。。。台風何号なのか。。。アメリカでは人の名前がよくつけられますが…。。。なんとしよう…。

台風ゴジラとでもしましょうか?

まるで安易なワタクピ…しゅみません。。。



まっすぐにとてもたっていられず、両足で踏ん張ってやっとこさ写していただいたこの1枚の写真。。。
もうねぇー写真には残っておりませんが…、ズルッと滑ったり、ズッコケそうになったりと…。

その6のログで入念に準備していたおば様は大正解!
とにかく突風がくるものですから、この青いカッパも風でビュービュー捲し上げられ、足元はビショビショ。。。
このツアーはビーサンのほうが良いかも?



帰りはホッ。
時間にしてどのくらいだったんだろう?10分くらいはあったような…。いや、もっとかなぁ?

あっ!私たちと同じ大ばかものが来た(^^)とNちゃんと二人で大笑い。
そうです、あの船はこれから私達とおんなじ運命をたどるたびに。
(馬鹿にしているわけではなく、、、自分たちのことを馬鹿だよねー私たちと言って楽しんでおりましたので、その流れでそんなことを発言しておりました…。申し訳ございません。お許しくださいませ…。)



霧の乙女号が滝に向かっていきますぅ。



今頃、ワクワクしているのかなぁ?
この後大変なことになろうとは…。




あーっきっと嵐の中に巻き込まれただろうなぁ。。。。



             でもね。。。

めっちゃ楽しく愉快な船上でございました。
また、行きたい!
ではでは。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007観光 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
本文に直接関係のないTBに関しましては申し訳ないのですが削除させて頂く場 合がございますのでご了承くださいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きますです。
http://blog1.kiyonee.com/trackback/661049
この記事に対するトラックバック
遂にナイアガラを肌で体感!夢にまで見たナイアガラの滝その7遂にナイアガラの滝を肌で体感した感動の霧の乙女号のご報告でございますぅ。 いよいよナイアガラの滝に近づいてまいりましたですぅ。 うひょー!めっちゃミストであふれ、マイナスイオンに飛び込んでいくワ
肌ラボ | スキンケアとにきびについて | 2007/09/14 8:50 AM
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m