ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日本人の殆ど来ない日本料理のお店「MOMOYA」さん! | main | 『ザ・カラー・パープル』オン・ブロードウェイ・ミュージカル最高です!(^^♪ >>

映画「ゲイシャ」ニューヨーク42丁目は大入り満員!

ニューヨーク マンハッタン 12/12(月)
昨日やっと時間みつけて映画「ゲイシャ」を観てまいりました。
ゲイシャゲイシャ2
先日、ヒルトンホテルの北側のジークフェルド・シアターでやっているのを発見し、見に行かねば!と思い出かけたのですが、既に映画「レント」に変わっていて、残念。
とはいうものの、勿論「ゲイシャ」はニューヨークで上演されております。なんでジークフェルド・シアターに行きたかったかと言いますと、
現在『ライオン・キング』が行われているニュー・アムステルダム劇場は、『ライオン・キング』が公演される前は『ジーク・フェルド・フォリーズ』というレヴューが数多く公演されておりました。

『ジーク・フェルド・フォリーズ』というのは、『フォリーズ・ベルジェール』というパリの有名なレヴューのアメリカ版を目指して作られ、コメディーを中心とし、仕掛けは大仕掛け、そして、スペクタクルなショー・ナンバーをかわるがわるに展開していくレヴューなのであります。
で、そのレビューを『ライオン・キング』が進出してきた後に、ここへお引越しし、専用の劇場を作ってしまったと言うわけなのであります。
現在はそのレヴューも姿を消し、映画館となっているわけです。

ということで少し想像がつくかもしれませんが、シアター内がとっても素晴らしく、優雅な気分で見れる映画館なので是非!と思ったのですが、残念ながら既に「レント」(映画)に変わっていたため、致し方なく42丁目の映画館までGO!

ということでウロウロしている間にクリスマスを少しお届けしましょう!
こちらは6番街のヒルトンの前の通りになりますぅ。
先日お届けしたラジオ・シティー・ミュージック・ホールより少し北側になりますぅ。
ツリーくるみ割り人形
ヒルトンのクリスマス・ツリーに一つしたのブロックのビルには毎年の事ながらくるみ割り人形が!

サンタ一人バンド
そして、寒い中サンタさんが一人バンドで演奏しておりましたですぅ。

ウロウロした後、地下鉄に乗って42丁目まで!
というわけで観てまいりました。
劇場内は大入り満員でございました。かなりの宣伝をしているので入って当然と思われるかもしれませんが、アジア系の映画がに大入り満員というのはなかなか大変なことなのであります。これがいつまで続くのだろう?と思うところもあるのですが、私の左横に座っていた白人のカップルは渡辺謙さんが最後にサユリに語るあたりで大粒の涙。。。しかもぐずぐず…。
白人の方にも確実に感動を呼んだと言っても過言ではないでしょう。
といいますのも、終わった後に誰からともなく大きな拍手が沸き、会場は割れんばかりの拍手を送っていたのであります。

私としては、やはりさゆりの幼少時代の青いコンタクトに意味があるのかな?と思ったり、お姉さんはあの後どうなったのかがないなぁ〜(見逃してないと思いますが)とか、いくつか疑問に思ったことはございますが、とにかく渡辺謙さんが素晴らしく思えました。今まで日本人で千葉真一さんやショー・コスギさんなどが頑張っておられましたが、正統派としてはこんなにハリウッド映画に存在していてもひけをとらない日本人俳優はいたのだろうか?と…。桃井かおりさんも私には驚きでしたが…。
サユリ役は日本人が演じてほしかったのですが、戦略的にも日本人で固めてしまうよりもアジアという広い部分で押したかったのか…まぁ英語と言う壁もあるのでしょうけれど…。
でも、とにかくニューヨークで日本人の出演している映画が大入り満員になっているということが嬉しいではありませんかぁ!
まだ公開されたばかりですが、この状態がながぁく続くことを祈っておりますです。

ゴリラピンクパンサー
あーっそういえば「キング・コング」がもうすぐ公開ですぅ。ピンクパンサーは二月か…。でもその前に「プロデューサーズ」の映画もあった…。うーっ観なきゃ!

『スウィート・チャリティー』1
寒い中こうしてブロードウェイの俳優さん達は写真に応じたり、サインをしたりと素晴らしすぎです。誰だと思います?
『スウィート・チャリティー』2『スウィート・チャリティー』3
以前も書いたのですが、クリスティーナ・アップルゲイトであります。『スウィート・チャリティー』の公演後こうして毎日、ファンの方々のサインや写真に応じているのであります。彼女のこうした姿も年内いっぱいでございますぅ。気になる方は『スウィート・チャリティー』の公演後に楽屋口で待ってみては?

ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
- | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

KIYOねえどうも♪
“GEISHA”の評判は良かったみたいですね♪
謙さんは確かにこれまでとは違った正統派の役者さんですよね。
日本人俳優として、世界に進出した数少ない役者さんとして後世まで語り継がれるようになるのではないかと私は思っています。
桃井さん、芸能界に入る前に確かイギリスにバレエ留学をされているんですよね?英語はお上手かしら? ちょっと興味津々(^^;)

キングコングも個人的にはちょっと気になります。今年のお正月映画は目白押しですわ〜
ゆみ | 2005/12/14 2:33 PM
ゆみちゃま
いらっしゃいませぇ〜。^^
ゲイシャはまぁまぁ良いようですが、これからどうなりますかって感じもありますです。
でも、どうしても日本人からすると、どうしてもいくつかの疑問があったりして、それは致し方ないのですが、もやもや感があり。
ゆみちゃまはまだご覧になってないですかぁ?英語はゆみちゃまのほうがよぉくわかると思いますよぉん。ニューヨークってなまってる英語の人が多くてなんだか最近耳がおかしくなってきました…(^^;)。
桃井さんはだから喋れるんですね、なんか驚きでした。
16日からは映画『プロデューサーズ』が公開なのでこれもまた楽しみなのでありますぅ。
KIYOねえ | 2005/12/14 11:26 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
本文に直接関係のないTBに関しましては申し訳ないのですが削除させて頂く場 合がございますのでご了承くださいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きますです。
http://blog1.kiyonee.com/trackback/490736
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m