ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< NY両替所&ビアード・パパスのシュークリーム(^^ゞ | main | NYメモリアル・デー5/30 いろいろ >>

素敵な看護婦さんとの出会いin Japan

ニューヨーク マンハッタン 5/29(日)
ふーっ週末お天気悪い情報がはずれてよかった。快晴です。
今日は以前お伝えしたデマレストのBBQパーティーに御呼ばれしたので行って参ります。

昨夜Mailを送った大切な友人から返事があり、「以心伝心」お互いに相手がどうしているのかとか自分のことを伝えようと考えていたところだということがわかりました。今日は遠い海の向こうでがんばっている看護婦さんとの出会いについて。

あれは二年前の今ごろでしたね。日本に帰国して二度の手術をしなければならなくなってしまった時の事(命に関わるような病気ではありませんです)。二度目の手術の際に入院した病院でであったのがこの看護婦さん。
気はやさしくて力持ち!だけど本当に細くて色白で入院している私が大丈夫?と声を掛けたくなるほど華奢なのです。が、お仕事はテキパキ!お医者さんがこの看護婦さんに相談してしまうほど。
オペの二日前に入院したのですが、前日になっても担当の看護婦さん(別の方)からはたいした説明もなく、ドクターのほうから手術の内容は聞いているからまっいいっかぁ〜と思いながら当日を迎えました。
そして、オペ当日。担当の看護婦さんは不在で、別の看護婦さんが登場!して、いきなり、「全身麻酔ですので鼻から管を通します。」ですと!(^_^;。
聞いてなかった私は、それはなにゆえ?????
結局、昨日の看護婦さんからはなぁんにも説明がなされずこの状況になっているという説明を受け…致し方なくまな板の上の鯉に。
50センチ相当の管が入るのですが、苦しいと言うか突然で心の準備がないというか吃驚というか…。でも、この看護婦さん全く動じずお仕事としてテキパキ!。ところがテキパキやることが優しさだと後から気がつくことになるのです。
こういうのって前前から聞いていたら逆に緊張してしまうものだと思いました。突然で良かったのかも?そして、何が優しさかって?自分の技術に磨きをかけ、テキパキやることで患者の負担が軽減されるのであります。しかも、優しい笑顔で淡々と。これが大切なのであります。
そして、オペ室へ…。その看護婦さんはオペ室前で
「私はここまでです」えーっ!???一緒にオペ室に入らないのぉ?と思ったのも束の間、オペ室のドアが開き別の看護婦さんが登場し、オペ室へ連れて行かれたのでありました。

この続きはまた今度。そろそろ出かけるしたくしまぁす!(^^ゞ
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
あの人のあの言葉 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

なんだかくすぐったいねww
仕事してる自分が思ってる自分と、相手が思ってくれている私という看護婦像。ちがうだろうから、よく言ってもらえるとなんか気恥ずかしいような、ちょっと自信がもてるような・・・・www
みち | 2005/05/31 2:26 AM
みち様

看護婦生活のブログ、真実がいっぱいで参考になりますよね。特に夜間当直の医師の話。内科の先生が当直の際に外科のオペをすると縫い傷がガタガタだとか…。内科の先生はオペしないですからね。救急外来でやらざるを得ない場合は大変だと聞いたことがあります。生の情報は嬉しいですよねぇ。またいらして下さいねぇ。
KIYOねえ | 2005/05/31 8:51 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
本文に直接関係のないTBに関しましては申し訳ないのですが削除させて頂く場 合がございますのでご了承くださいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きますです。
http://blog1.kiyonee.com/trackback/490520
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m