ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NYブライアント・パーク | main | NYはコインランドリーが普通。 >>

世界の北野武殿

ニューヨーク マンハッタン 5/6(金)
今日は少し曇り加減の金曜日。

昨日ブロードウエイ・ミュージカルの「モンティ・パイソンズ・スパマロット」を観たのですが、まるでドリフターズのドタバタコントのようなミュージカル、役者さん達の間の取り方がまるでお笑いの間の取り方と似ていて妙に感動。帰宅してから先週の土曜日のニューヨークのFCIというフジ系の日本語放送の武さんの番組を録画していたのをやっと見る事が出来、殿はお元気でしょうかぁ?と思い出しておりました。

北野武殿
その昔、私達がアイドル歌手松本伊代ちゃんのバックダンサーをしていた頃にTBSのGスタの楽屋で初めてご挨拶させて頂いて、(その後武さんのほうからキャプテンのファンだったとおっしゃっていただき大感激!良くネタで使って頂いていたのです。)あれ以来だからもうながぁいお付き合いをさせて頂いております。私がニューヨークに来てからも帰国のたびにご挨拶に寄らせて頂くのですが、いつもあの笑顔でお話してくださって、その武さんの笑顔に元気と勇気を頂いてまたニューヨークで頑張ろうと思うのでありました。ただ、二月に帰国した際にお会いした時はいつもより元気がなく少し心配しておりましたが、もう大丈夫かなぁ?

ニューヨークで生きていくことは正直大変です。毎日がスキルアップのような生活に時々ふと立ち止まってしまうこともあるのですが、私がニューヨークに来てから私の相方に「いつか沖縄に老人ホームを作って、お世話になった人や仲間だけで生活をするんだ。そのときはニューヨークで必ず失敗して帰国するから居場所を作っておいてあげないとね」と武さんはおっしゃってくださっていたようで、そんなお言葉に助けて頂いてます。(現在はわかりませんが(^^ゞ。)私たちが10代の頃は最初は目を合わせてお話してくださることもなく(とてもシャイな方です)、姉ちゃんたちは…と呼んで頂いていたのですが、いつの頃からか名前にちゃんとつけてそれぞれを呼んで下さるようになりました。嬉しかったですねぇ。いつか心のブログを別に立ち上げてそちらにそんな素敵な人との出会いや頂いた言葉で明るく生きてこれた感謝の気持ちなどを綴って行かれればと思っております。KIYOねえのニューヨーク生活では、私がニューヨークでこんな経験をして、生きていく為のスキルアップをしていることをこれからも綴っていこうと思います。その中にはもちろんニューヨークの新情報もちりばめながら。そして、大好きなブロードウエイをもしニューヨークにおいでになる方の参考にして頂ければ幸いですぅ。小難しいデータ的なことはいろいろなサイトで御覧になれるとおもいますので、KIYOねえはもっと生の自分の目で観たことを簡単に!と思っているのです。今後共よろしくお願いしまぁす!

人は人に支えられて生きていると実感の日々です。私の母方の祖父と最後に交わした言葉は「結婚しないとね。人と言う字は斜めに二本の線が支えあうことで成り立つんだよ。人は結婚して支えあって、それが心の修行にもなり、子供を産んでまた支えあってお互いに成長して行くこと。人の生きる道とはそういうもんだから…」ニューヨークでの生活は自立が第一条件ではありますが、自立もまた人の支えあればこそです。三歩進んで二歩下がるという地道な作業ですね、人生は。次の結婚はあるのだろうか?…。ではでは。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
あの人のあの言葉 | permalink | comments(6) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

KIYOねえさま、NYでお仕事をする…毎日さぞかしご苦労されてるのでしょうね?!私もアメリカに住んでいたのでKIYOねえさまのお気持ちがよく理解できます。今日のブログに同感しました。白人国家では人種の違いだけで許されることと制限されることが存在しますよね。そんな中様々なシーンに入場を許されるのは、KIYOねえさまが努力を続けている証拠だと思います。陰ながら応援させていただいております。お互いどんな時も上を向いて歩みましょう!!
現役英会話講師JLO | 2005/05/07 12:28 PM
よっ!現役英会話講師様ようこそ!(^.^)
応援ありがとう!ございますぅ。
ニューヨークで生きた英会話を学んで帰国して英会話講師ってまたまたそれも凄いですねぇ。私も応援させて頂きますよん。
どうしても私たち異国人はいろいろな部分で守られていないことも多く、特に医療関係は吃驚します。まぁ大変大変というよりも日々どうやって楽しく成長できるか!そんなこと考えながらがんばりまぁす!今後共よろぴくですぅ。
KIYOねえ | 2005/05/07 12:39 PM
人にはそれぞれ運命的な出会いや
大切な言葉というものがありますよね。

でも、その出会いが世界のタケシさんだなんて
KIYOねえさんは幸せ者です。(^_^)

「..ニューヨークで必ず失敗して帰国するから居場所を作っておいてあげないとね]

なんてホントにタケシさんならではの言葉ですもんね。
フリッパー | 2005/05/07 6:43 PM
フリッパーさん!毎度どうもですぅ。
ニューヨークに来て改めて今までの人生を考えてみると本当に貴重な経験もさせて頂いたし、素晴らしい出会いも沢山あったし、そして、何より大きな失敗も沢山してきました。ホント七転び八起きな人生ですね。そういうときに本当に何がどうのではなく相手の方が何気なくおっしゃられた一言に救われることって沢山あるんですよね。武さん語録は沢山ありますが、有名だから凄い人だとかそんなことではなく、心の中の情や思いやり、暖かみのある人かどうか、尊敬できるかとかそんな内面的なことのほうが人付き合いには大切だと思うのであります。
長くなりますのでまたこういうお話は心のブログで…。
近いうちに立ち上げようと思っております。フリッパーさんとの出会いもまたブログのおかげですね。ありがとうございます。
KIYOねえ | 2005/05/07 9:19 PM
はじめまして、
北野武さん関連の記事見ててたどりつきました、
さくらですm(_ _"m)ペコリ

あたしは、武さんの度量や器の大きさ、
人間としての深さとか、、、もうありとあらゆる部分、
本当に尊敬してずっときてます。
なんか読んでて、うわぁ〜!ってドキドキしたり、
感激してしまいました、ステキなエピソード、
そして、あたたかいやりとりですね(´▽`ポワーン

KIYOねえさんは、NYでがんばってらっしゃってるんですね。
あたしのいとこも海外暮らしが長かったですけど、
NYの話とかも聞くにつれ・・・大変だなぁ・・・と。
どうかお体には気をつけて、がんばってください!!

また遊びきますね〜!
更新楽しみにしてます!!
さくら | 2005/05/13 11:47 AM
さくらさん!いらっしゃいませぇ。
武さんについて語ったら1晩でも語り尽くせないですよね。武さんはスタジオでもADさんにも●●さん!と呼び捨てにはしないんですよ。しかも、スタジオのスタッフの方々の動きもよぉく御覧になっていて、ちゃあんとネタにしてしまい、ネタにされたスタッフは大喜び!そんな暖かさもあります。本当に心から尊敬し、男性としても素敵だなぁ〜と。
ニューヨークでの生活は、来てみて改めて大変だと思いましたし、逆に日本のよさも実感できました。実は私は女の子が生まれたら桜子ちゃんにしようと思っていたのですが…。さくらさま!また遊びにいらして下さいねぇ。(^.^)
KIYOねえ | 2005/05/13 3:22 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
本文に直接関係のないTBに関しましては申し訳ないのですが削除させて頂く場 合がございますのでご了承くださいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きますです。
http://blog1.kiyonee.com/trackback/490483
この記事に対するトラックバック
【キッズ・リターン 〜Kids Return〜】 監督・脚本:北野武 撮影:柳島克己 音楽:久石譲 出演:金子賢、安藤政信、森本レオ、山谷初男、柏谷享助、大家由祐子、    寺島進、モロ師岡、石橋凌 製作国:日本 上映時間:108分 初公開年月:1996/07
キッズ・リターン 〜Kids Return〜 | sakura+web-entertainment | 2005/05/13 11:49 AM
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m