ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「サッポロ・レストラン」タイムズ・スクエア近くのお安く旅先で食べたくなるラーメン・カレー・餃子・親子丼…などなど。 | main | PC用おしゃれなバッグ!買おうと思ったんだけどやっぱり実用的になってしまいました(^^;)。 >>

ベイシティーローラーズ レスリーマッコーエンにハグされた日

その昔、ベイシティーローラーズのレスリーマッコーエン様が当時沢田研二様の歌っていた「銀河の伝説」だったと思いましたが、その曲の英語版をひっさげて、レスリーマッコーエン様がNHKのレッツゴーヤングに登場した際の出来事でした。

私の場合、当時は思いっきり考え方が日本人でございまして、どうも外国人の方々との交流は苦手でございました…。
人種差別ということを考えているわけではないのですが、やはり会話が出来ないということが大きな壁となっていたのでしょうか?とにかく苦手意識が…。

で、いつものように出番待ちでリハーサルの際に上手舞台袖に待機していたのですが、レスリーマッコーエン様が自分の出番が終わり、バンドと一緒にはけてきたのでありました…。

と、その時事件はおきたのであります。

レスリーマッコーエン様が突然目の前に現れ
「オー!プリティーガール!」
と訳のわからない間にハグ!されたのでありました…。固まった私…。
とりあえず…「サンキュー」と行った様な記憶があるのですが…。
と、ここまではファンの方にしたら最高にラッキーなのであります…。

ところが、なにゆえ私には外国人苦手意識がございまして…。
数分後…。なんと!上半身に蕁麻疹…。驚きましたです…自分に自分が!
私はなんと!外国人アレルギーだった…とその時知ることになったわけです。

しゅみません…人種差別をしているつもりは全くないのですが、どうやら身体が反応してしまいまして…。
と、その後外国人に遭遇すると笑顔が硬直したりしたものですが、その後わかったのはあのハグがいけないと…。
お話しするだけならOKだと…。

とそんな過去の経験の持ち主の私がニューヨークに住んでしまったわけですから人間なせばなる!なさねばならぬ!????
うちの相方のK子ちゃんの口癖だった「人間は日々成長しているんだから」
まさしく…。

現在は無事にアメリカ人の方々とも普通にハグをしております…。
人間は環境に順応するらしい…。
ところが問題は日本でつい癖でハグをしてしまう時があり…。
自分でも驚きますが冷や汗、相手も驚いちゃいますよねぇびっくり
ニューヨーカーぶるつもりは全くないのですが、習慣て恐ろしい…。
ではでは…。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
スクールメイツ(ヤングメイツ)時代 | permalink | comments(7) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちは!
またまたとんちんかんなこと言って、しゅみません。指を負傷した姐さんに負担をかけました。どーも、すんずれいしました。

やったー。ヤングメイツ時代の話だー。興奮しますぜ!そのハグした粋な野郎はイギリス人ですよね。やりやがるなー、メイツにいきなりハグするなんて。日本男児にはできねーぜ、ベイビー。
でも、僕もアメリカにいたころはやたらとハグしちゃってましたよ。帰国して15年あまり、僕も普通の日本のおじさんになっちゃいました。いいですよね、抱き合うことは。特に悲しいときにはね。ヤングメイツのときの姐さんは、イギリスのトップスターをクラクラさせるほど、cuteだったんですねー。できれば拝見したいですよん!
またダダをこねてしまいました。お許しくだされ。
ハグについては、エピソードがあるんですが、今日は飲んできて、酔っ払ってるんで、このへんで。

Have a good day, sister!
ヤングメイツ | 2006/01/23 11:23 PM
Hi!kiyoねえ
ロングタイムノートークでございます。
ご無沙汰しておりました。もしかして新年初!?
スイマセン・・・タハハ

ハグは私もしてましたねぇ〜。
日本では握手ですが、他人行儀で気持ち悪い時もあります。
日本では考えてしまいますよねぇ。
現在私は、フランスでの両頬に軽くキスをする習慣が
課題になっております。
ヒゲをしっかり剃らないとチクチクするかなぁ〜!?


たかまる | 2006/01/26 5:21 PM
ヤングメイツ様
こんにちは!ハグは普通のことなんでしょうけれどねぇ〜。
参りました(^^;)。
クラクラさせるほどキュートだなんて…それは大きな勘違いです^^。
日本人びいきだったんですよ、きっと。
今ならねぇ少しはご挨拶できたんでしょうけれど…。
あまり飲みすぎにご注意を!(^^ゞ。

たかまる様
握手のほうが肌が触れて嫌な感じ^^なるときがあったりして…。
ちょいと下ネタは避けたいところですが、その昔…あっとこれはそのうちログにあげてみましょ…ってでも下ネタはどうなんだろ???
キスも困るかも????
実は潔癖症だったんですよ…私。でもニューヨークに来てから随分平気になりました…というかニューヨークでは潔癖症の人は生きていけない!と気がついたのかも?
今はかなぁり順応いたしましたです。
おひげはどうなんだろう?あんまり気にしなくてもいいのかもねぇ。
はやすか剃るかはっきりしたほうがチクチクしないか…。
難しいですねぇ〜濃い人なんか半日で生えてきますものね。
あーなんだか考えたら眠れなくなってきた…ってどこかで聞いたネタ?(^^;)ではでは。
KIYOねえ | 2006/01/28 10:28 AM
KIYOねえさん、初めまして!

昨日、外食しましたら、
BGMにBayCityRollersの曲がかかりました。
とても懐かしかったです。
私、レスリーが大好きで、ファンクラブに入ったり、
コンサートにも行きました。
最後に彼を観たのは、彼の脱退後に武道館で行った、
「エゴトリップ」です。
若かりし頃を思い出して、
インターネットで彼を検索したところ、
KIYOねえさんのプログと巡り合いました。
レスリーにハグされたなんて、
私にとってはうらやましい限りです!
それに当時のアイドルの裏話やNYの情報が記載されているので、
とっても楽しいです。
これからもぜひ、拝見させて頂きたいと思っています。
どうぞ宜しく御願いいたします。

ところで、私は今、「O-ZON」というモルドバ出身のグループに
はまっています。
このグループは、実際は解散しているのですが、
日本ではそのことを公言していません。
日本では「恋のマイアヒ」という曲が昨年ブレークして
3回来日しました。
アメリカでも,ルーカスパトラが「Maia-hi-song」を
リリースしています。
リーダーのダンバランは現在NYとLAを行ったり来たり
しているようです。
KIYOねえさんはNYで暮らされていらっしゃるとのことで
彼とバッタリ会える可能性もあって、
やはりうらやましいです!
なにか彼についてのニュースがございましたら
ぜひぜひ!紹介して下さい!
 



ナナ | 2006/02/13 11:26 AM
すみませ〜ん!
上記の「O-ZON」は「O-ZONE」の間違いです!
ナナ | 2006/02/13 12:14 PM
ナナ様

ご返事が遅くなりまして、ごめんなさいですぅ。
コメントありがとう!ございますぅ。
レスリー・マッコーエン様は本当にあんなにBigな方でしたのに、気さくな良い方でした。失礼な話ですよねぇ〜と。。思います。
日本を好きな外国人の方は案外多いんですよねぇ。
O-ZONEのメンバーと遭遇したら書かせていただきますね。
ニューヨークにいるとほぉんといろいろな方にあんまり気がつかない間に遭遇しているんですよ。私がもう少しアンテナはって生きていかないとだめですねぇ〜(^^;)。
また、いらしてくださいねぇ〜。
KIYOねえ | 2006/02/16 11:33 PM
KIYOねえさん、ご親切なお返事を有難うございます!
私、初めての書き込みで、随分とずうずうしいことを書いてしまったと思っていたんです。
とても嬉しかったです。
どうぞ、御身体に気をつけて、NYでの生活をレポートして下さいね。陰ながら応援しています。
ナナ | 2006/02/17 6:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
本文に直接関係のないTBに関しましては申し訳ないのですが削除させて頂く場 合がございますのでご了承くださいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、すべて著者本人のカメラで撮影したものばかりでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きますです。
http://blog1.kiyonee.com/trackback/356189
この記事に対するトラックバック
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m