ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

あごオチ明太子^^ チャンコ・ダイニング・若@新宿店

3月11日(火)

さてさて、またまた一週間が始まりましたぁ。
ロミロミのほうもそろそろメールさせて頂きますねー。
やっとこさ、場所やお値段のほうが決まりそうです。お待たせしてしまいまして申し訳ございませんですぅ。先週はいろいろありすぎまして、すっかり予定が遅くなりご迷惑をおかけ致しております。その分ご満足頂けるスペシャルメニューでお届けして参りますのでお楽しみにぃ〜。

話は代わりますが、春めいてきた今日この頃ですが、、、そんな時にはお鍋!でござる。。えーっ!お鍋は駄目ぇ???
って言われても…ご紹介ですぅ。

あっでもね、、、以前もご紹介させて頂いたことがあるのですが。。。

「チャンコ・ダイニング・若」



お通しのこんにゃくソーメンとお造りでございますぅ。
「全国各地でその日に水揚げされた新鮮な旬の魚をご用意いたしました。」とのこと…HPより。

本日のお造り 三点盛り合わせ(一〜二人前)
¥1,800



今回は新宿店で水槽の前のカウンター席。
水族館大好きなワタクピにはたまりまへん。

で、この後サラダを頼んだのですが、しゅみません。。
写真忘れました(^_^;)
「たっぷり胡麻サラダ(二〜三人前)¥980
シンプルなサラダをオリジナルドレッシングで。」
とのこと。。。めちゃうまなのですが、ちょいとこの日はドレッシングが多かったような…。



あご落ち明太子…これねー確かこんなネーミングでした。
明太子もかなぁりこだわっているお店からの仕入れのようで(確か)
少々あぶってあるのですが。。。めちゃうま!

もっと食べたいぃ〜。



こちらは塩なべ…チャンコ・ダイニング・若の特許ともいうべき塩鍋ですぅ。まずはきのこ類いっぱい入れてみました。。。



そして、魚介類をトッピングで…ほたてや鱈を入れてみました。。。
ん?鱈?だったと思いますぅ。



最後のとどめは…。
「自家製とろけるプリン 昭和風 ¥680
新鮮な玉子を使った、口どけの優しい食感をバニラアイスと共にお楽しみください」HPより

なんか懐かしい堅さと甘さ。なめらかすぎないところがいいねいいね。

というわけで、視覚的にも味覚的にも大満足ですぅ。
是非是非やっぱり新宿店にいってみてー!

ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2008日本のグルメ | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

嘉門@帝国ホテル 鉄板焼き^^

3月3日(月)午前1:42

ありゃ、、、明日は5時半起きなのでござる。。。
と思いながらやることがいっぱいで気がついたらこんな時間。
ヤバヤバですが、、、

のばしのばしにしていた美味しい鉄板焼きのお店をごあんなぁい!

ブログ♪fujikoちゃんニューヨークを生きる♪の著者であるfujiko姫のパパさんのご招待でなんと!

銀座 帝国ホテル内にございます、

『嘉門』

にいって参りましたぁ!



再会の後はまっすぐ嘉門へGO!
お腹ぺこぺこですぅ。
本日はパパさんとママさんがいつも召し上がられているという和田倉門のコース…。こちら…一番お値段が高いコースでございますぅ。びっくり

前菜三種盛りでござる。



白子のフライ&明太タルタルソース




黒ムツのホワイトソース&生麩入りミニ鍋



活アワビはパパさんとママさんの分が回ってきましたですぅ。
めちゃ柔らかくて驚き。



さてさて、お次はいよいよ鉄板もの。
特選和牛サーロインステーキ(140g)
特選和牛フィレステーキ(110g)
活アワビのステーキ

選ぶんですぅ。。。



ワタクピはフィレにいたしましたですぅ。
そして、梅じゃこご飯のセット。



フィレ…めちゃ柔らかくて美味しかったですぅ。
ミディアムで焼いて頂きましたが、ホントはミディアムレアのほうが美味しいんでしょうねー。ツーではなくスリーなワタクピ…(汗)



梅じゃこご飯…を大判でご覧下さいませ。
このおこげがのっているのが良いのでありますぅ。
パリパリ感がまたよろし…。



最後はデザートを頂いてみんなでパチリ。
fujiko家は本当に愉快なご家族。笑顔があふれる素晴らしいご家族ですぅ。
輝く笑顔のパワーに負けてご病気もふっとぶことでしょう〜。
また、お会い出来る日を心より楽しみにしておりますぅ。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2008日本のグルメ | permalink | comments(4) | trackbacks(1)

1980年代のあの時代にアイドル大集合だったお店「マンディ」(六本木)

2月7日(木)いえ8日(金)朝になってしまいました。。。

忙しいといいつつ、ついつい笑顔になってしまう最近のワタクピ。
なんなんでしょうねー。夢を叶えるって素敵なこと!
つくづく感じています。
母が昨年くれた赤い手帳には幸せな文字が沢山埋め尽くされています。

この手帳がいっぱいになって、次の手帳を持つときには、きっとまた次の夢があるんでしょうね。

さて、そんな笑顔がもっとほころぶレストラン?バー?居酒屋???
をごあんなぁい!

「マンディ」

1980年代のアイドルが写真誌などのおっかけから逃れて、気兼ねなく集まれた想い出のお店である「マンディ」

久しぶりにお友達とお店に行ってきましたですぅ。
マンディさんといろいろなお話しをさせて頂きましたが、伊代ちゃんと言えば…。と、お店の中にザ・ベストテンのセットを持ち込んでどかん!とあの鏡の扉まで登場。。。という番組が制作されたそうな。。
「すごかったのよー!」とマンディさんのお話しに
あー、センチメンタル・ジャーニーで出た出た!
っつーかその以前には、たのきんや聖子さんの歌にスクールメイツが登場したことが何度もあるのですが、ザ・ベストテンなんて懐かしいなー。。。

と、今でも語りぐさになりつつ、現在でも芸能人が多く通うお店。
もちろん、店内は広く、センターには円形のお釜のふたの形をしたバーがございまして、ふらっと一人でも寄れるホッとできるスポットでもありますぅ。しかも、お料理も美味しいのであります。

メニューは毎月見直され、どんどん変わっていくため、以前あったのにぃ〜というメニューやあっこれ何?見たことないよーというお料理までゾロゾロ。メニューを見てもどれが美味しいのかさっぱりわからず(というか全部美味しい)マンディさんにおまかせの夜となりました。



豚肉と野菜の四川風火鍋 ¥945

かなぁり辛いです。ご飯をもらってご飯にかけて食べると少々まろやかになるとマンディさんより。



豚シャブと豆腐のタイ風サラダ ¥1,050



岩中豚のガーリック中華炒め ¥1,575
小海老と玉子のふわふわトマト炒め〜パリパリ揚げワンタン添え〜 ¥1,575



クレオパトラ ¥1,050
は届いたときは綺麗に可愛い盛りつけなのですが、ぐるぐるかき回してこの状態にして、ガーリックトースト(¥525)にのせて食べるとGood!



牛肉とホワイトアスパラの炭火焼き ¥945
帆立、アサリ、野菜の煮込み ¥1,575



店内には、訪れた方々の写真が掲載されており、人脈の広いマンディさんのパワーを感じまするぅ。

実はね、奥には個室があるんですよー。
その昔、某アイドルさんはここで密会??^^
そんな時代もあった…のよね。



マンディさんはお着物をいつもビシっとかっこよく着こなされ、素敵!
久しぶりに仁義だとか義理だとか人情だとかの思いやりのあるお話しをお聴きすることが出来、改めて人と人のつながりで人生が成り立っていることを感じます。お部屋に一人こもってしまいたくなる時もあると思いますが、ここへきて、お話ししていると元気になりますよー!
ここはバーに一人でお越しになるお客様も多く、出会いもあるかも?
昔は芸能人のたまり場の印象でしたが、現在はとってもあったかい感じで、お一人お一人のゲストを大切にするマンディさんらしいお客様層。
マンディさんが素敵な男性に見えたのは私だけ?

「おかまの世界はいろいろあるのよー!」っておっしゃられてましたが、
どんな世界もいろいろはあります。でも、マンディさんのように素敵に年を重ねたいですね。



最後はケーキで〆!ショートケーキもモンブランもデザートもお料理も全てマンディのシェフが作ります。2日前でも予約の際にリクエストすれば、特別な日のスペシャルケーキも作ってくれるそうですぅ。
デートにパーティーとシングルナイトにも!お薦めでござる。

あっと場所ですが、、、住所が不明。
明日調べて追記しておきますぅ。
六本木 マンディで検索出来るかな?
おっと会社に行かねば!
ではでは。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2008日本のグルメ | permalink | comments(3) | trackbacks(0)
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m