ロミロミ 恵比寿 ハワイ

KIYOニューヨーク進出計画ただいま実行中
目指せ!奇跡のロミロミ・セラピスト!履歴に年齢不要のニューヨークな生き方でアンチエイジングな勘違いGood生活しておりますぅ。ニューヨーク、ハワイ、日本のあれこれもお届け^^

コナコーヒー専門店

NY

ウサギ
ブログランキングに1クリックしてぴょん
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

34丁目のメイシーズのウインドウは今年も^^ホリデーシーズンまだまだ続きますぅ。

12月30日(日)

ただ今レコード大賞やってます…。
なつかしい映像がいっぱいですぅ。
少年隊「君だけに」あーありましたねー。
1987年か…あーこの年でしたね、ワタクピ達の念願のデビューは。
美空ひばりさんの「川の流れのように」1989年…。。。
バブルがそろそろはじけ始めた頃でしたねー。。。
あっとたまの「さよなら人類」1990年ですか…。

あり?ところでレコード大賞って、、、大晦日では?

うーっ1991年の「愛は勝つ」♪どんなに困難でくじけそうでも、信じることを決してやめないで〜必ず最後に愛は勝つ♪
この歌にどれだけの人が勇気を持てたのでしょう〜^^。

♪どんなときもどんなときも…♪これも1991年ですか…。
この1991年という年は、自分を信じる勇気を持つことや愛がお金で買えない大切な物だと改めてバブルがはじけて認識したのでしょうね。

と、年末にいろんな感傷に浸っている場合ではありませぬ。
あと一日です。。2007年。。。
はやかったような…遅かったような複雑な年でございました。。ワタクピ。
みなさんはいかがでしたかぁ!???

さてさて、ニューヨークのホリデーシーズンはクリスマスが終わったとはいえ、まだまだホリデーシーズンでございますぅ。
明日のカウントダウンは世界がタイムズ・スクエアに注目ですぅ。
今年はどんな大イベントになるんでしょうねー。。。
見にいった人は周辺の人にどさくさに紛れてハグやキスだけならまだしも、スリに遭わないようにお気をつけあそばせ(>_<)

ではでは、今夜はデパートのホリデーシーズンでございますぅ。

メイシーズ(ブロードウエイの34st.)では、毎年いろいろな趣向をこらしておりますが、他にもサックス・フィフス・アベニュー(5番街の50st.)、ロード・アンド・テーラー(5番街の38st.)なんつーのもございますぅ。

メイシーズをご覧頂きましょう〜。



恒例の東口のツリーのイリュミネーション^^
素敵に怪しく輝く感じですぅ。この前に三角の公園があるのですが、寒くなければジッと眺めていたいですね。。。



店内のツリーはこぉんな感じですぅ。
この後ろのアーチがどこまでも続きますですぅ。







海、地上にニューヨークの縮図から大きな心を感じます。
毎年このウインドウをのぞき込む家族の幸せそうな笑顔を見るとあったかぁい感じがして、ウインドーの中より、後ろから子供達をみているのが好きなのでありました。
ここにいるとお金持ちとかそうでないとか関係ない感じがするんですよん。
心があったかくなるのであります。

そして、メイシーズを含むニューヨークの街中のお店がアフターニューイヤーズということでラストスパートのセールに入りますぅ。
メイシーズも70%オフ何ツーものも登場致しますが、、、
そのセールの金額の上にさらに11%オフになるカードがございますぅ。



東口入ってまっすぐいきますと、左側に中二階に行く階段が見えます。
そこを上がって左に曲がると、こんなデスクが見えてきますぅ。
ここで、パスポートを提示するともらえるんですよん。
アメリカ在住者ではなく旅行者用のものでありますぅ。
日本のパスポート見せれば何のチェックもなくもらえます。
期限は一ヶ月ですが…。

というわけで、のこすところあと一日。

ゲゲッ!
まだ大掃除が終わってません、、、実は。。。
少しずつやっているのですが…。何故荷物の多いこと!
もうーヤバヤバですぅ。
が、祖父の仏壇のお掃除まではなんとかたどり着かないと!
新たな年を迎えるのに、ご先祖様が綺麗じゃなければ話になりません。
明日は午前中かが出かけるため、うーっ大変ですぅ。
そいではぁ〜。

あっともしかしたら明日はアップ出来ないかもしれませんので…
皆様、良いお年を!




ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

ブロードウエイのスト解除で『ヘア・スプレー』観劇^^

11月30日(金)ニューヨーク滞在3日め


いやはや…また、喋りすぎてしまいました…。。。(汗)
四国放送のワールドニュースアイの中の海外からの情報をお届けするコーナーで、ニューヨークの今をお届けさせて頂いた次第でございますぅ。
予定時間は15分…、この時期のニューヨークといえば、ツリー点灯式、セール、イルミネーション、エンターテイメント、スト(2007年)、人混み…、そして、笑顔^^。

15分のインタビューでは、どうしても旬のネタのブロードウエイのスト情報、ホリデーシーズンのお話しをしまくってしまい、、、(^_^;)
終わった後に、「続きをまた…日本に帰ってから出て頂けますでしょうか?」

なぬぅ〜!

そうなんですぅ。実はもっとお話しする予定だった内容にたどり着かず…。
喋りすぎ…でした。。。

どうしても、ブロードウエイのネタになると熱く語りすぎてしまうようで…。

というわけでラジオは終わったわけですが、このブログをご覧の皆様に少々今回のブロードウエイのスト情報をお届けしまぁす!

ブロードウエイは、俳優の組合、照明の組合、ステージハンドの組合、オーケストラの組合、アッシャー(チケットをもぎる方)の組合、ボックスオフィスでチケットを販売している係の方々の組合など、組合で成り立っております。
2004年にも4日間休んだストがあったのですが、これはミュージシャンの組合のストでした。その時は、劇場プロデューサー側とミュージシャン組合との契約の中にある、最低の雇用人数が原因でした。12ヶ所のオン・ブロードウエイの劇場は24人〜26人以上雇わなければならないという契約でしたが、人数を削減してチケットの値段を押さえたいというのが劇場プロデューサー側の主張。ミュージシャン側は雇われる人数が減ると言うことは失業者が増えると言うことで反対し、合意できずにスト突入となり、あの時は最後にはブルーム・バーグ市長が市長官邸に両側を呼んで徹夜の交渉をして、大劇場での最低雇用人数は18〜19人にするということで合意となったのですが…。

今回のステージハンドの組合のストは、7月の契約更改の時にお互いの契約内容に対してのすりあわせが上手くいかずに、合意出来ず…ずるずる話し合いが続けられ、最後はしびれをきらしたステージハンドの組合がストを決行したわけです。
主に賃上げや労働条件の見直しを求めていたわけですが、現地時間の11月10日午前11時からのストということで、この22日サンクスギビングの後のホリデーシーズンにまさかの突入とは誰もが予想したくなかったことだったんですけれど…。現在も暫定的な合意ということで決して全面解決ということではないのですが…。19日間は長かったですねー!
ニューヨーク市のこのストによる損害は一日200万ドルと言われております。
仕出し弁当やさん(デリなど含む)などは、ブロードウエイのスタッフなどがオーダーするランチのデリバリーが減少し(オン・ブロードウエイの35作品中の27作品がクローズしていたため)、レストランではプリシアターや飛び込みのお客様がやはり減少したと言うことで、そういったことも含めた200万ドルの収入源ということになります。



ご覧下さいませ、いきなり29日にはTKTS前にご覧の人だかり。



TKTS前ではTVカメラ前でインタビューを受ける人たちも多く。。。
人それぞれにこのホリデーシーズンで楽しみにしていたブロードウエイがストをしているおかげで私たちは毎日冷や冷やしてたとか、リオープンが嬉しくてたまらない!、今日ニューヨークに着いたの!ラッキーだわ!、などのそれぞれの思いを語っておられました。



昨夜ニューヨーク時間の29日夜は、今回一緒に来ている歌手時代の相方のK子が初ニューヨークということで、ミュージカルは映画化されたものを事前に見てきましたので、『ヘア・スプレー』を観劇してきました。
カーテンコールは「ブロードウエイは最高」と主役のトレーシーが叫んで会場が盛り上がりました。観客も待っていましたですが、キャストは出演出来なければ賃金がもらえないので毎日劇場に来ては待機していたんですよね。だから、待ちに待ったリオープンということで、キャストもテンションが上がってましたよん。



こんなストは本当に二度と無いことを望みますが、どこの世界でも起こりうるスト。小さな社会でいえば、家族の中で気に入らないことがあれば、食事はいらないから!なんて拒否してしまうこともあるでしょう。
でも、ストを起こすと傷ついたり悲しんだりする人が存在することを考えたいですね。
愛情ある解決をできる自分でありたいと思います。

とにもかくにもブロードウエイの再開を祝して!

1クリック…

えっ?それは話が違うでしょ?って???
あいぃ〜しゅみません。。。調子に乗りました。。。反省。
てなわけで、ニューヨークはまたまた盛り上がってまいりますぅ。

で、今夜は何を食べたの?って???
ウフッ、、、牡蠣鍋です。。。ニューヨークで牡蠣鍋。。。しかも、おいしすぎぃ〜。
ちょいとご覧頂きましょう〜。。。。


NJのYピー宅でございます。彼女のワタクピへの愛情??友情を裏切らないよう、日本に帰ってもがんばりますよぉん。明日はウッドベリー・コモン・アウトレットに早朝から参りますぅ。なんたってこの時期は混みすぎてどうにもなりませんから。。。朝7時頃には出発ですぅ。

おっとついでにデザートも!



ブーレー・ベーカリー・マーケットのチョコレート・ケーキでございますぅ。
ブーレー氏は日本食大好きで、日本食に影響されて作っている部分があるというのです。甘いのですが、するっといけてしまいます。口にまったり残らない感じが嬉しいのでありました。機会があればお試し下さいませ。

ではでは、おやすみなさいませぇー

あーツリー点灯式の写真掲載してないぃ。。。しゅみませぇん。。。。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

ヤンキース観戦の楽しみ方^^その2

ニューヨーク マンハッタン 7/12(水)

あと一週間でニューヨークを離れると思うと!あちこち行かないと!と日々飛び回っている状態でございますぅ。
10日、11日とナイアガラの滝に行ってまいりました!感動と幸運の連続で一緒に行った女友達との素敵な想い出旅行となりましたよん。
また、後日ご報告させていただきますね。。。

友情とは本当に有難いもので、18日に飛び立つその日まで本当にスケジュールがめいっぱいとなりましたです。。。ニューヨークでこんなに多くの人と出会っただけでなく、想い出に…と小旅行やイベントを企画していただいて感謝感謝です。
その分、ワタクピが日本に帰ってから頑張れよ!ということだと思いますで、皆さんから頂いたパワーを形にしていかねば!と心新たに気を引き締めているところです。

が、まだまだアトランティックシティー、シックス・フラッグス、ボストン、ゴルフ、平成中村座観劇などなどがあり、、、いつ荷造りするのだろうか?と実はちょいとあせっております。。。(^ ^;冷や汗ジョギング

まぁそれはおいといて…。
ヤンキース観戦の楽しみ方^^その2をお届けしますぅ。



3階席の楽しみ方は、とにかくスクリーンと球場全体が見渡せること。
そして、スナックを売りに来る人たちが見事にお客様に向かって遠くからピンポイントでお客様の手元に投げつけられます。もちろん遠くにいる販売員はしっかりお金の回収に来ますよん。当たり前ですが。この技を見るのも楽しみの一つ。
投手戦になると3階席だとちょいと楽しみは半減ですが、乱打戦だったこの日は楽しみが倍増でしたよん。

そして、今シーズンでこの球場とはおさらばで、来期からは現在建設が行われているお隣の球場のほうへお引越し。その工事を行うクレーンの先っぽが見えておりますぅ。
今シーズンでこの長年使用されてきたスタジアムとはお別れなので、今季観戦に行くのは意味があるかも?ね。



松井選手が二打席押し出しで、会場は盛り上がっておりましたが、燃えるヒットやホームランが見たい!と思っていたら…三打席目は…。
ヒット!でございますぅ。
すると、こんな風に

HIT-DEKIと小じゃれ?が飛び出したりなんかして…。



6回が終わるといろんなことが起きますです。



そして、7回戦の表、、、こうして、地ならしと

♪YMCA♪でございますぅ。

球場内の整備をする方々が♪Y〜MCA!と踊る姿は圧巻ですぅ。



会場もあのYMCAの手振りを大きく楽しく!
(西城秀樹さんのヤングマンをついつい思い出してしまいますぅ。)

ヤンキースの攻撃が始まる前には。。。♪ゴッド・ブレス・アメリカ♪の大合唱。ワタクピも4年前に観戦した際には黙って聞いておりましたが、軽く口ずさんでいる自分に気がつき、多少ニューヨーカーの仲間で居られたのかなぁ?と月日の流れを思い、少々感慨深かったですね。
貴方もちょいと一緒に口ずさむとぐっと一体感がましますぞ!^^


で、このタイミングでお買い物!


ヤンキースのキャップの形をしたカップは$6、普通のカップは$5でございますぅ。

ポップコーンを買うという手もございますが、ポップコーンならもっと早くに勝って試合がスローなうちに楽しんだほうがよいかも?
おっきなバケツで買えますから^^。


で、3階にいてもボーっと試合を見ていると…大変なことになります。

なんで?って?

ファールボールがいきなり飛んできますです。
この日は目の前の少年のところに20人近くが群がり、落ちてきたボールをゲットしようと一騒ぎでしたが…。
気がつけば、ジッとしていた少年の手元にポトッと落ちたのであります。
何が起きたのか一瞬わからない少年に向かって多くの人が拍手^^。
で、少年に写真を写させていただきましたですぅ。


走行している間に9回の表でヤンキースの勝ちが決まり、the end.
仲間と握手をして終わる松井選手でした。



で、この頃ワタクピはどこに居たかと申しますと…。
バックネット裏に移動して観戦しておりました…。
この日は8回くらいになるとヤンキースの勝ちはほぼ決まり、引き上げていかれる方も多く…。そしたら…。なんと!

「私は10年前に妻を亡くし、子供と二人で暮らしています…」
と傍によってきたアメリカ人が!

もしかして…これって?

と思っていたら、写真を一緒に!と私のカメラを指差して…。
はいはい、、撮りましょう撮りましょう…。

と思っていたら、息子さんのほうが私の肩をぐいっと!
そして、パパさんは私に名刺を差出し…。

写真を送れって???

あーっそういうことですか…。わかりましたわかりました。。。
といいつつまだ送っておりませんが。ちょいと不思議な親子でございました。。



ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

ヤンキース観戦の楽しみ方^^その1

ニューヨーク マンハッタン 7/8(日)

昨夜はfujikoちゃんニューヨークを生きる!のブログの著者とお会いしてまいりました。。。ちょいとこの様子は後ほど書かせていただきますぅ。

さて、それはそうと…一昨日ヤンキースの試合を観戦中、楽しい出来事が沢山ありましたですぅ。試合は皆様ご存知のように乱打戦の末ヤンキースが勝ちましたです^^。

で、その楽しい出来事とは?楽しみ方をごあんなぁい。



試合につきもののホットドッグ。まぁピザやその他も売っておりますが、やっぱりね、ホットドッグを購入して食べ食べしながら観戦が正しいかと…いえ、正しくないとかそういうのはないんですけどね。
まぁ〜オキマリッつーかなんつーか。。。
で、最近は普通に並ばずにこのようにコンピューターに入力してクレジットカード払いでオーダーを入れることが出来ます。
で、オーダーを入れたら、出てきた用紙を持って、出来上がりを待つのみ。
左側にその列が出来ており…この日はそんなに混んでなかったので普通に並んでも同じくらいの速度でしたが(エンジェルス戦でしたので…)、レッドソックス戦などのように人気カードの日はこの列も大変なことになります。
そんな時はご利用の価値ありですね。



さて、ホットドッグを買う際に…。どぼしよ!って迷うのがサイズ。
一人ならレギュラーでOKですが。。。
たとえば、お二人の場合。。。

4分の1LB。Foot Long Hot Dog $6.00
というのがございます。左の写真はそれを半分に割って一緒に観戦しているお友達とわけたサイズ。だいたい2倍サイズ。
その他に、Jombo Hot Dog $5.00という通常よりも大きめのサイズもございます。

ハンバーガーやチーズバーガーは$7.50でございます。
Premio Italian Sausage $7.50
Premio hot Itakian Sausage $7.50
という選択もございますが、可能であればやっぱり4分の1LB。Foot Long Hot Dogを食べてほしいなぁ〜^^。

そして、フレンチフライ類
French Fries $5.00
Jumbo French Fries $8.00
French Fries with Cheese $5.50
Jumbo French Fries with Cheese $8.50

そして、右写真は
Chicken Fingers with Fries $9.50
でございますぅ。

で、食料をゲットして落ち着いて試合観戦!
実はこの日はウーロン茶とかっぱえびせんを持込ました。が、入り口で没収される場合も多々ございますので、バッグの中のチェックの際はご用心ですぅ。


さてさて、試合が始まりましたです。


松井選手の登場に会場は早くも盛り上がり…。
アメリカ人女性も背番号55のTシャツ着て応援!
もうね、松井選手は女性にも大人気!



そして、ゲームの合間には必ず観戦席の人々がスクリーンに映し出されたり、ゲームやクイズが表示され遊ばせてくれます。
この日は左の写真のおじさまが踊りまくり、観戦席の多くの人々がおじさまのダンスに魅了されておられましたですぅ。
このおじさまは何度も何度も映され、私達も思わず笑みが…。



さて、またまた松井選手の登場でございますぅ。
前打席は押し出し…さて、今回の打席は?どぼなるのでしょう?

右の写真はブリーチャーズ席と申しまして、アルコールが飲めず、チケットもお安く以前は$8.00でしたが、現在は
Bleachers (Section 37-59) $12
に値上がりいたしましたです。
でも、この席はホントのファンが多いので野次など含めて楽しめますぞ!^^


またまた、押し出し。。。でございますぅ。
松井選手のおっきなホームラン見たいなぁ。。。

と、そうこうしている間に6回が終わり…。
乱打戦のこの日は三階席までかなぁり盛り上がりましたです。
続きはまた書かせていただきますね。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

あわやびしょ濡れ?噂のスプラッシュ・ツアーズ

ニューヨーク マンハッタン 6/13(水)と思っていたら既に14日(木)

最近タイムズ・スクエア付近を歩いているとよく遭遇するバスらしきものがありますです。そこで、追跡調査!



いたいた…!タイムズ・スクエアのブロードウェイの通りを北へあがりかけるとすぐに右側でございますぅ。

その名も「New York Splash Tours」

近づいてみると…。不思議な車?
車の下の部分は船のようにふさがっていて…。
ハドソン川まで一気に走り、川に入る直前でスプラッシュ体験(映像なんですけれど、大迫力らしい)をしてそのままハドソン川まで車が船(アクアバス)となりハドソン川を遊覧できるのでありますぅ。

あわやびしょ濡れ?いえいえ、映像体験からそのままハドソン川へ!GO!


コースはこちらをクリックしてちょ。
こんな具合でございますぅ。

タイムズ・スクエアから大人$29子供$20で不思議な体験が出来ますです。
ちょいとワタクピも近いうちに行ってみようかと…。
乗ったらまたお知らせいたしますね。。。^^
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

オーシャンズ13は初登場1位、パプリカも健闘

ニューヨーク マンハッタン 6/12(月)

昨夜、いつもお世話になっているK氏から電話があり、邦画の「パプリカ」が面白いと…。アニメか…実はあまり興味がないのですが、時代に乗り遅れてはいけないと宮崎駿氏の作品はDVDなどを購入してみているのでありました。

タイムズ・スクエアにドカンとオーシャンズ13の広告が出ていたので、見に行かないと!と思いつつ8日に始まっていたのを忘れていたボケボケ状態。
新聞では既に10日に週末(8日〜10日)の北米の興行収入が3,710万ドルで初登場首位に躍り出ているとのこと。
3,710万ドルといえば、だいたい45億円!

ブラット・ピットにジョージ・クルーニー、そしてマット・ディモンという二枚目俳優がまたまた集まり、その上、元横綱の曙太郎にアル・パチーノも出演。シリーズ第三弾も大成功のようでありますぅ。

で、アニメに弱いワタクピ…。
邦画の「パプリカ」を理解しておらず。。。
筒井康隆氏の同名SF小説原作、今敏監督で、既に興行収入7万7,500ドルで26位。。。前の週は40位。。。。
アニメの長所を最大限に引き出した作品として、高く評価されているのだとか…。
これはいかん!見なければ!

最近感動の涙を流すことが多く、昨日は映画「フラガール」のDVDを見て涙を流し…。あそこまでたどり着くには役者といえども特訓は厳しかったであろう…。あの涙は本物だと思えた。本物の涙はホントに美しく感動を呼ぶので、昨年日本で大ヒットしたというのはよくわかりますぅ。おまけに永田広美家の次女J-1ちゃまの歌声まで流れてきましたので。。。
昨日その話を永田家で広美さんと話していたら、やっぱりマミーなのですね。「もうね、涙ボロボロだったわよ…」と…。

関係ありませんが、同世代が同じくこのアメリカで夢を叶えてくれました。
パイレーツの桑田投手も20年の経験を経て、このアメリカで大リーグのマウンドに立ち、しかも今後を期待され…。
どういうわけか、投げている姿を見ているだけで感動ものでした。
桑田投手の大ファンだったわけではありませんが、長い間の夢を日本の球界で活躍が難しくなってからの渡米。これぞ奇跡の40代…いえ、奇跡ではないとは思いますが、こうして同世代の活躍は励みになりますねぇ。

人はそれぞれ立場も環境も異なると思いますが、志を持って生きることは誰でも感じたその瞬間からできることなんですよね。
人に大ばか者と言われても、夢を諦めずに志を持って生きる!

It's up to you!
あなた次第のニューヨークなのですから…感じるままに…^^。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

コニーアイランドの今 その2

ニューヨーク マンハッタン 6/1(金)

金曜日^^でありますぅ。
明日はお休み…こんな朝は嬉しいですねぇ。マンハッタンは華氏90℃を超えるたりと初夏〜夏?の陽気でございますぅ。
そういえば、昨夜上司からおすそ分けを頂きました。
なんだと思います?

宮崎県産のマンゴー!原価1個5000円なんだとか。ニューヨークでまともに手に入れたら大変なことになります。高級レストランあたりだと$300くらいになるという噂あり。東国原県知事がお薦めのあのマンゴーをニューヨークで食べられるとは…。。ありがたやありがたや…。
で、お味は?高級ももとマンゴーのかけ合わせのようなめちゃうまフルーツでした。。。実はワタクピはマンゴーが苦手。でもね、あまりの貴重なフルーツと聞いて、頂くことにしたんですよ…。驚きびっくりももの木山椒の木って古すぎてしゅみません…。
美味しい!いやはや、日本の果物は味が濃い!このマンゴーはネットを張って太陽をいっぱいあびた後に自然にポトリと落ちるまでまつのだそうですねぇ。。。アメリカの果物は、味が薄い、硬い…。日本人にしてみたらありえません。が、ニューヨークに居るとこの味に慣れてしまう自分が怖い。

さて、またまた前説が長くなってしまいました。ショック

コニーアイランドのいよいよ遊園地のほうをごあんなぁい!


実はこのようになっております。
子供の乗り物がそろっているボード・ウォーク側から入る
Deno's Wonder Wheel(Amusement Park)
のがこちらの絵になります。


このメインになっているWonder Wheelは観覧車なのですが、本体が回るだけでなく、お客様が乗るBoxの部分があっちにいったりこっちにきたりと移動するんですよ。これが壊れそうで怖かったのが2002年…でも、少々てこ入れをしたのか見た目がちょいと変わっておりますので、今は平気なのかなぁ?

えっ?乗らなかったの?って?

そうなんですよん。実は時間制限があり…。
この日はお仕事を早めに切り上げて夕方出かけたものですから。。。
6時頃にはとまっておりました。


で、こちらのお子ちゃまランドのほうでは、平日ということもあり奥様とお子もたちでにぎわっておりました…。


で、この場所からお隣のエリアを覗くと…工事に入ろうと取り壊しが終わっている工事現場を見ることができます。やっぱり始まっているのですねということを実感。



ではでは、いよいよアストロ・ランドのほうへ(大人も楽しめる遊園地)Go!
このコースター…古くて…ちょいと昔の花やしきのようなスリルを味わえます。最近コースターでは日本でも大事故がございましたが、点検をしているのだろうか?と少々不安にかられながら乗るコースターでございました。



と、ところが…。
お休み…。アストロ・ランドのほうはウィークエンドの営業でした。。
でもね、今週…今日からは毎日営業だそうですぅ。
で、係りの人に調査したところ…、
「9月のレイバーデーでいつものように今年はクローズするんだけど、実際に働いているものはいろんな噂を耳にするだけで、はっきりしたことを知らないんだよね。もうすでに工事に入っているエリアもあるし。でも、全部を取り壊しになるわけではないらしいんだ。」
とのことでした。ということで現在のところ、1部を取り壊して観光客も呼べるようなアミューズメント・パークにしたいのだそう。
というわけで、工事担当者もこの日は不在、遊園地の従業員も本当のところは知らない…という結果でございました。

さて、気を取り直して気になるあの小林君の情報は?


駅を降りると目の前にネイサンズがございますが、そのお隣にこの巨大な看板が!毎年7月4日に行われるこの大食いドック競争。歴代のチャンピョンの記録と、7月4日までの秒読みの電光掲示板がございました。


居た居た!小林君はセンターに!

2001年 50個
2002年 50個と半分
2003年 44個と半分
2004年 53個と半分
2005年 49個
2006年 53個と4分の3
2007年 今年は?

小林君の記録でございますぅ。
今年は7連覇になるのかなぁ?

さて、Kobayashi Takeru君の前にも日本人で優勝者が居たんですよぉん。
1997年 Nakajima Hirofumiさん 24個
1998年 19個

2000年 Arai Kazuyoさん 25個と8分の1
日本人は身体は小柄なのにどうして入るんでしょうねぇ。
不思議。。。しかも、この方は女性。
あの巨漢の男性相手に…。

と思っておりましたら…、コメントを頂きましてこの方のお名前は
Arai Kazutoyoさんでございました。
ご指摘ありがとうございましたぁ!
大きな掲示板に記されたお名前を拝見して???だったのですが、
男性でございましたね。お名前のtoが抜けておりました(汗)
申し訳ございません。ワタクピの大きな勘違いでございますぅ。
日本の皆様のほうがよくご存知のようで…。大変失礼いたしました。
5月に日本に一時帰国した際にTVで女性が男性相手にサンドウィッチの大食いで争っておりましたのを拝見し、、、女性でもいるんだなぁ〜と思って驚きました。。。いつか、日本の女性が優勝!なんてこともあるんでしょうか…。^^


さて、今年はいかに?ちょいと覗きにいってみますか…なんつって。
今日から毎日営業ですのでどうぞお楽しみくださいませぇ。
あっとちなみにこのネイサンズは残るのだそう。。。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

コニーアイランドの今 その1

ニューヨーク マンハッタン 5/31(木)快晴でござる。

いやぁ〜今日も快晴なマンハッタンですぅ。
昨夜からまた女将家のお留守番を頼まれ、J-2ちゃんとmimiちゃん(犬)と共にマンハッタンの夜をすごしましたです。
と、ところが…家から持ってきたどら焼きを朝食べようとしたらバッグのふたが開いており、行方不明…????
考えられるのは、

1、ワタクピが眠りながら食べた。。。
2、mimiちゃんがいたずらにどこかへ持っていった。。。はたまた食べた?

このふたつのどちらか…、かと思われますが…う〜ん、、、不思議なのが包み紙がない。。。えっ?持ってこなかった?
そうかも?と言いたいところですが、昨日の夜食べようっと!と思いながら寝る前だと危険と思いバッグにしまったのでありました…。
う〜ん、不思議不思議。。。

おっと今日はそんなご報告ではありませぬ。
今年でクローズの噂の真相は?

ということでコニーアイランドに行ってまいりましたぁ!
マンハッタンの42丁目からNラインに乗って一時間弱。



電車を降りるとまず飛び込んでくるのが、あの小林君でめちゃ有名になったネイサンズ。そして、突き進んでいくと!なんと!

The Future of Coney Island Project Office

というプレハブがすでに建っているではありませんか!



げげっ!すでに一部取り壊されて工事待ち状態。
ここはバッティングセンターや小さな人工池の中に船をいくつか浮かばせて、水鉄砲で戦うアトラクションがあった所。

係りの人を捕まえて尋ねたところ
「まだ、いついつから工事を始めてどうこうとかはっきりしていないところがあって、言えない…」と…。


そして、突き進んでいきますと、ボード・ウォークが出てきます。
この果てしなく続いているように思われるこのボード・ウォークは
全長約4.8キロなのだそう。

そして、左には食べ物や飲み物の他にビーチグッズなどの販売もあり、イメージは…ちょいと海の水も綺麗とは言いがたいし、潮の香りと思われている独特な海の香り(綺麗な海とは異なる香り)もあり、どこに似ているかと言えば、やっぱり江ノ島なのかなぁ?

FCIのロケにも遭遇いたしました。めざましTV用ですね。。。
水着のファッションショーの準備でございました。



そして、ここで気になったのが、ピナ・コラーダ $10
リフィルはフリーなのでありますぅ。
バナナ味、いちご味、パイン味、マンゴー味などなど10種類ほどありましたです。

昨日の朝、めざましTVでOn Airがあり…、ネタが同じでした。っつーか目立つお店などは同じですよね。



ではでは、ネイサンズでホットドッグを買って海辺で食べようっと!

オリジナル・ドッグ   $2.75チリorチーズ・ドッグ  $3.25
チリチーズ・ドッグ $3.45
コニーアイランド・コーンドッグ $2.49
(日本で言うところのアメリカン・ドッグですが、コーンで衣ができているため少々固いのでありますぅ)

フレンチ・フライ レギュラー $2.35 ラージ $2.85
チーズ・フライ  レギュラー $2.85 ラージ $3.35
チリ・フライ   レギュラー $2.85 ラージ $3.35
チリチーズ・フライレギュラー $3.05 ラージ $3.55

以上になりますぅ。
写真はピンクの文字の分です。




さて、これをもって浜辺へGo!
あり?ここにもおられるんですね。浜辺で金属探知機で危険物を拾って歩いている人…。こういった人々の努力のおかげで少しでも安全にすごせているのですよね。。。そして、みっけ!
アルコールを浜辺で飲んではいけないと言われておりますが、しっかり飲んでいる人。。。でも、飲みたいよねぇ〜。

さて、コニーアイランドの調査はこの後まだ続いたのでありました。。。
ではでは、その2でまたお会いしましょう〜。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

中村勘三郎氏は今回英語を喋るのだそう。。^^

ニューヨーク マンハッタン 3/7(水)

めちゃさむぅい水曜日でございました。
なのに、ウエスト・ヴィレッジをお友達とウロウロ。。。
夜はますます冷え込んで…でも、昨日のほうが寒かったかも?
昨日は私の耳まだついてます?と聞きたくなるほど。。でしたから。

そんな寒さもこの人の前には全く関係なく…。
熱く熱く日本の文化を語るその人の名は…。

もちろん!

中村勘三郎氏でございます。
昨日に続きまして、日本人記者向けの会見の模様をお届けいたしましょう。


合同記者会見が終わり、少し和やかな時間がすぎ、勘三郎氏も緊張がほぐれ、穏やかな表情で日本人記者向けの会見の為に再びお席につかれたので御座います。


今回は!なんと!アメリカ人記者には内緒にしているそうですが…。
英語での喋りと会場とのふれあいもあるという演出を考えているのだそうでございます。。少し先に英語の勉強もするのだそう。。。

勘三郎氏「前回の公演が大成功ということでリンカンセンター館長さんからすぐに呼んでやると言われていたけれど、ホントにすぐに呼んでいただけてホントにありがたいことだと思っています。」
日本人記者「前回音響効果やクーラーの音なども反響があったりでそのあたりが残念だったとの声を多く聞いたのですがそのあたりはいかがでしょう?」

勘三郎氏「今回はエイブリーフィッシャーホールなので問題ないです」

アメリカ人記者(どういうわけか、ここでアメリカ人記者が質問をしてきました)
「最初のパフォーマンスの時は最後にサプライズがあったけれど、今度のパフォーマンスでは何か考えてますか?」


勘三郎氏「今度もいろいろ考えています…ポリスは出てません。。。(爆)
ただ、今度の芝居はちょっと難しいというか、歌舞伎にはコメディがホントに少ないんですね。その中で唯一のコメディーを持ってきたということが期待と不安の両方があり、もうちょっと安全な出し物をもってくればよかったかと思ってるんですけど、これは挑戦だと。中村座が始めて公演をしたのが法界坊だったんですね。その時にニューヨークタイムズの女の記者の方が、これはニューヨークに持って来るべきだと言ってくれたんですけど、法界坊より先に夏祭りを持って来てしまったんです。」


勘三郎氏「日本で今やっている法界坊というのは、原作よりかなり脚色されて洗練されている感じなんですね。残酷なシーンを少しにして台本を変えています。
私たちが始めて平成中村座でやったのは一番古い台本を使っています。
江戸時代の。
殺す相手は今やっている歌舞伎は女形になっていて、歌舞伎は女形は殺せないんですけど、原作はおじいさんです。とても残酷で原作通り忠実にやりました。
で、歌舞伎座でやっているのは自由な発想でやりました。
今回ニューヨークにもってくる時に踊りのシーンがあるんですけれど、それをちょっと大幅に変えようと思っています。」


アメリカ人記者「何幕ですか?」

勘三郎氏「3幕です。少し残念なのが最後のシーンが川のシーンで、ホントの水を使おうと思ったんですけど、重量の制限でプールがつかえなくなったのでどうしようと思ってます。」

アメリカ人記者「法界坊の作家は他に何を書いてますか?」

勘三郎氏「他には世に出ている作品が無いんです。うずもれている作品がいっぱいあります。」

日本人記者「この作品を選んだいきさつを教えていただけますか?」

勘三郎「何をもってこようか…四谷怪談etc.いろいろあるんですけど何をもってこようかと…、平成中村座の最初の公演で自分が肩を切られて花道で倒れた時に耳元で黒人の人(観客)にカモン!と言われたのそのままきたくなっちゃった(笑)。もし、これが上手くいけばもってきたいものはまだいっぱいあります」



というわけで、勘三郎さんはリラックスされた中で熱い想いを語られました。
少し印象としては前回よりお痩せになられたような…。
法界坊は現在日本で公演されているものよりも台本に大幅な変更がありそうで、とても楽しみで御座います。ニューヨークならではの演出があるようですので、是非ご期待くださいませ。。。
法界坊も見たいのですが…やっぱり親子共演を拝見したいですぅ。
それにしても、勘三郎さんは周囲へのお心配りが素晴らしく、また、舞台をひっぱるオーラを感じましたです。
女性にモテモテなのも当然ですねv(^^)v。

『連獅子』7月16日
『法界坊』7月17日〜22日

チケットの一般発売は6月12日からでございますぅ。
是非是非!日本の文化をニューヨークで味わいましょう。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

平成中村座inニューヨーク第二弾!「連獅子」「法界坊」がこの夏2007年7月にやってくる!

ニューヨーク マンハッタン 3/6(火)

いやいや、冷たい、痛い、ちぎれるぅ〜というマイナス12℃…でございますぅ。この寒さをひっさげてやってきたあのおちゃめなちょい悪おやじ??

いえ、文化人でございます。。大変失礼致しました。
さて、ここからは少し真面目にお届けいたしましょう。。。
えっ?ムリムリ?やっぱり?
このブログでは柔らかタッチで現場の雰囲気をお伝えするのが恒例ですので…(^^;)。

本日、リンカンセンター内におきまして、
リンカン・センター・フェスティバル 2007
(7月10日〜29日)
第二弾『平成中村座』の記者会見が行われましたです。
今回は『NY.Phil』がいつも演奏を行っております、エイブリー・フィッシャー・ホールで行われることになり、前回のテント小屋よりも大きなステージ(観客数も)となります。まずは、各国共通の記者会見より
(日本人記者向けの会見はいつもどおり後ほど行われました)

午前11時に会見が始まる前に軽食が用意され、和やかに記者達は談笑^^。
えっ?見たいですか?何がでてたかって?
気になりますよね…。日本ではこういうのはございませんので…。
ではでは、、、


クランベリージュースなんぞも用意されたりして、1口サイズの多種デニッシュに美味しいクロワッサンが並んでおりました。


ではでは、ちょいとつまみ食い…(^^;)。
こうして、会見が始まるのを楽しみながら待っていたのでありました。


さてさて、11時を少し回った頃、引き締まったお顔でご登場されたました。
ご挨拶からとばして頂きました勘三郎さん。さすが!
ではでは、全て御覧いただきましょう〜



ありがとうございます。
オリンピックよりも短い期間にまたこのリンカンセンターに立たせて頂いて本当に幸せに思っております。
三年前にここでやはり記者会見で緊張しながら、そのまま舞台に7月出させて頂いた時の興奮は今でも忘れておりません。
 そして、今度は二つの出し物を持ってこさせていただく幸せに預かりました。
そこにありますこれは連獅子という狂言でございますが、これは歌舞伎の歴史が古いんでございますが、400年の間…中村勘三郎の家は、私で18代続いておって、歌舞伎の中でも最も古い家なんでございますけれども、
歌舞伎の中でも最もクラシカルな踊りでございまして、
私の亡き父17代目とニューヨークでは三十年前にビーコンシアターでやらせていただいて、その後、ワシントンDCのケネディーセンターでも父と一緒にこれを踊らせて頂きました。

今度は父がなくなり、私がオヤジとなり子供二人と三人でここで連獅子をオープニングで躍らせて頂くことは非常に幸せでございます。

それと同時に新しい試みとして「法界坊」、先ほどもご紹介がありましたが、Kushidaさんにまた演出をして頂いて、古い狂言に新しい伊吹を伝えて、どういう風に皆様方にこれをご覧になっていただけるか今からドキドキしております。

三年前に夏祭りを持ってまいりましたときに火曜日の朝方、私達飲んでおりまして次の日が夜遅かったものですから…。
夜中の…朝方ですね、、4時半か5時半にホテルに帰ったら、ニューヨーク・タイムズがあって取って酔っ払いながら…。
見たら、私の顔がフロント・ページに載っていてびっくりして、みんなを起こたんです。これは大変なことだと…(爆)

私は英語は読めないんですけど、自分の顔はわかるんですね(爆)

これは悪いことではないような気がしたんで、そして、みんなで見て喜んだということなんですけれども…。

そして、その中にスパイダーマン2より面白いって書かれていてたんです(笑)、そしたら、次の日スパイダーマンの格好をした人が中村座の周りを敵だ!と言ってグルグルまわったっていかにもこれはニューヨークらしいなぁって思って私感動したんです。

今度は法界坊の私の役がですね、どうも悪い奴でバッドマンの悪役のジョーカーのような奴なんです。
もし、これが評判になって今度はバッドマンが来てくれたら嬉しいと思っております…(^^;)。(爆)
本当に皆様のご期待に添えるように一生懸命頑張る所存でございます。

特にニューヨークというのは前から思っておるんですけれども、アメリカ国というよりもニューヨーク国だと思っております。演劇の特別な地域の本当に感性の研ぎ澄まされた皆様の前で精一杯のものをご披露させて頂きたいと思います、どうぞよろしくお願いいたします。


以上を一気に語られました…。
日本人記者よりももっとアメリカ人記者のほうにうけてたようであります^^。(お隣のリンダさんが全て英訳してお話してくださいました)

「連獅子」は1performance、「法界坊」は10performancesということですが、オープニングで親子二代三人で華やかに舞われるというのが私個人的には一番楽しみでございます^^。
お父様の時代から引き継いだ熱い想いの込められた舞いになるでしょう。
さて、この後日本人記者による会見が行われまして、また明日アップさせて頂きますね。
ウサギ ブログランキングに1クリックしてぴょん
いつも応援ありがとう〜^^
2007年エンターテイメント情報 | permalink | comments(5) | trackbacks(2)
qrcode TBに関してなのですが、本文に直接関係のないTBは削除させて頂く場合がございますがご了承下さいませ。また、コメント欄にはペンネームで結構ですのでお名前をお願いしまぁす。掲載している写真につきましては、著者本人のカメラで撮影したものが殆どでございます。当ブログ内に掲載されているすべての写真の無断転載を禁止させて頂きます。m(_ _)m